AGAとは男性のどのような薄毛の症状のこと?

AGAという男性特有の病気があることはご存知でしょうか?
Androgenetic Alopeciaの略で薄毛の症状の一つで男性型脱毛症のことを言います。

これは成人男性に良く見られる病気であり、髪が抜けていく・薄毛になる状態のことを言います。
おでこの上の生え際や頭頂部から髪が無くなっていく特徴があり、放っておくと徐々に髪の毛が薄くなってきます。

この病気は男性であれば誰しもかかる可能性のある病気であり、年齢問わず発症します
今回はこのAGAという病気についての原因について考察していきます。

男性特有の男性ホルモンで薄毛になってしまう

この病気の主な原因は男性ホルモンが原因と言われており、髪は成長期や退行期などのヘアサイクルを経て、生え変わりを繰り返しています。

このヘアサイクルがDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの働きによって乱れてしまうことで、抜け毛が始まり薄毛になります。

AGAの脱毛部にはDHTが高濃度にみられ、成長期を著しく短くする物質が含まれており、これが原因物質と言われています。
これにより、成長しきっていない髪の毛が抜けていくことになり、短くて細い髪の毛ばかり残ってしまいます。

年齢と共に抜け毛が増えやすくなる

元々、テストステロンは髪の毛の成長に無害な男性ホルモンですが、テストステロンが加齢と共に減少していきます。

それを補うために5-αリダクテーゼという物質が増え始め、DHTと混ざって脱毛作用を引き起こすのです。

遺伝は避けられない?

AGAは遺伝すると言われており、親や親族が禿げていると禿になりやすいという話は聞いたことがある人も多いでしょう。

この話は本当であり、DHTが作用するアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体遺伝子がX染色体上にあります。

親などが禿げている方がいる場合は、それが受け継がれている場合があり、アンドロゲンレセプターがDHTとくっつきやすくなっています。

このため、髪の毛がDHTの影響を受けやすくなっており、禿げてしまう可能性が普通の人より高くなる可能性がある言われています。

遺伝子検査で薄毛のリスクがわかる

遺伝的に禿げやすいかどうかは、髪の毛のX染色体上のアンドロゲンレセプターの状態をDNA検査で調べることができます。

自分の家系に禿げている方がいる、代々禿げているという場合は注意し、早めに検査することをおすすめします。

ストレスや睡眠不足など生活環境の悪化は頭皮の健康にもよくない

AGAの直接的な原因ではありませんが、生活スタイルが乱れていると体が不健康になり、それは頭皮や髪の毛にも影響をもたらします。

髪の毛も体の一部なので、日ごろから体の健康には気を使う必要があると言えるでしょう。

睡眠不足やストレス、喫煙は体のホルモンバランスを乱し、髪の毛の成長に影響を与えます。
また、アルコールの過剰摂取は髪の毛の成長に使う栄養をアルコールの分解に取られてしまうので、飲みすぎには注意です。

生活習慣を正すことがAGA対策の第一歩

このように、生活環境が著しく乱れている人は体の健康にも大きな影響を与えるので、必然的に髪の毛の成長を後退させてしまいます。

ですので、AGAの方は特に注意し、規則正しい生活を行うことがAGA対策の1つなのです。

まとめ

AGAの原因は主に男性ホルモンによって起こる病気であり、男性なら誰しもがかかる可能性のある病気です。
年齢問わずAGAにかかる可能性があり日本で発症している人の確率が高いので、とても怖い病気と言えるでしょう。

また、遺伝によって起こる可能性もあるため、誰しも発症する可能性があるという情報を裏付けます。
遺伝においては病院でDNA検査を行うことも可能なので、家計で禿げている人がいたら早めの検査が必要です。

髪の毛の健康にもよって左右されることもあり、日常の生活スタイルが悪い人は髪の毛の成長を阻害してしまいます。
体の健康を維持することが髪の毛の健康を維持することにも繋がります。

以上がAGAの様々な原因ですが、何より恐ろしいのは男性であれば誰しもかかる病気いうことであり、年齢問わず発症してしまうということです。
少しでも髪の毛に異変を感じたら早めの検査などを受け、対策を練ることが必要です。


関連記事


ランキング