AGAで薄毛になりやすい男性の特徴とは

周りの人を見比べてみると、同じ年代の男性なのに禿げている人とそうでない人がいて、何が違うんだろうかと考えたことはないでしょうか?

AGAという病気はかかりやすい人と、そうでない人がおり、かかりやすい人にはある共通のポイントがあります。

最も多い共通ポイントは、遺伝という要因が強いと言われており、AGAの8割は遺伝が関係しているとも言われています。

8割というだけあって、遺伝が全てと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、AGAになっている人の共通事項はそれだけではありません。

実際には、親や祖父の世代までが禿げていなかったのに自分だけ禿げてしまっている場合もあるのです。

ここでは、AGAにかかる人の共通事項についてご紹介していきます。

必要なのはカルシウム?怒りっぽい人はAGAになりやすい

よく体の健康に良くないものとしてストレスというキーワードは大体当てはまりますが、髪の毛も例外ではありません。

ストレスを抱え続けると、体内の血行が悪くなってしまい、髪の毛に充分な栄養を与えることができなくなってしまいます。

それ以外にも体へあちこちの問題を浮上させてしまうのがストレスです。

自律神経のバランスも関係がある

また、ストレスには自律神経を乱す作用があり、それが原因で夜の寝つきが悪くなったりする場合もあります。
これにより抜け毛が促進され、またストレスを感じて抜け毛が始まってと不の循環ができあがってしまいます。

怒りっぽい、沸点が低い人はAGAにかかりやすい傾向にあり、そういう人ほど禿げている方が多いのではないでしょうか?

若者は和食を食べる必要あり。欧米化に飲まれるな

AGAの原因の1つとして食事の偏りによる栄養失調から抜け毛が始まり、薄毛になっていきます
近年、食の文化は欧米化していき、魚や野菜などを摂取しない人たちが増えてきており、ファーストフードなどで済ましてしまう人がいます。

また、食事も朝ごはんを抜いたり夜中にご飯を食べたりなどその食生活は乱れ始めています。

この状態は若者によく見られる傾向で、若いのに髪の毛が薄毛になっているという人はこういった生活が日常化している場合があります。

食生活の乱れが栄養不足の原因に

食生活が偏り始めると、ストレス同様に頭に必要な栄養が回らなくなってしまい、髪の毛が成長せずに細い状態になってしまいます。

和食の代表でもある魚や野菜、大豆類は栄養を豊富に含んでいるものが多いので、積極的に取り入れるようにしましょう。

タバコとアルコールは頭に百害あって一利なし

人間の体の全てに言える事ですが、タバコやアルコールを頻繁に摂取している人もAGAにかかりやすい人の傾向です。

これは若い人問わず、おじさま年代の方にも共通して言えることでしょう。

タバコが血行不良を引き起こす

全て同じようにタバコやアルコールは、血行を妨げる要因となり、体への栄養供給を阻害してしまいます。
即ち、髪の毛の成長も妨害してしまうため、髪の毛が薄い人の代表的な共通点と言えるでしょう。

年齢問わず、こういった特徴がある方は、AGAにかかっている人が多いことでしょう。

まとめ

全体的に、日ごろの生活習慣の乱れが共通している特徴であり、お酒やタバコは特に多いでしょう。
今の時代、ストレス社会と言われており、社会人の方は特にストレスを解消するべくお酒やタバコに手が回ってしまうのでしょう。

社会では仕事や人間関係などからストレスを抱える日々が続いてしまうものであり、時間がなくファーストフードに手がでてしまうのも無理ないでしょう。

しかし、そういった生活スタイルの乱れにより、AGAは起きてしまうため、早めの対処が必要となります。

食事はなるべく、自炊を行い、弁当などを持参することで偏った食生活を防ぐことができます。
ストレスに関しては、自分なりの解消法を見つけて、ストレスを抱えない日々を送ることが重要です。

タバコやお酒は完全に止めることは難しいでしょうが、量を減らせる努力はできるはずなので、禿げないために意識する必要があります。

このように、日常生活において共通するポイントがたくさんあり、自分の周りでも当てはまっている人がいるようなポイントがあるかと思います。
こういったことを避け、髪の毛に優しい毎日を送るようにしましょう。


関連記事


ランキング