AGAの治療に必要な費用と保険適用の可否

AGAにかかって治療しなければと考える人もいるかと思います。
その場合、実際に治療っていくらかかるのだろう?保険は適用されるのかなど色々思うことはあるでしょう。

AGAの治療でかかる費用は病院やクリニックによってまちまちであり、同じ治療方法でも値段は変わります。
何も知らずに病院などにかけこんだはいいものの、お金をすごいとられたとなっては、損をしてしまいます。

各治療内容の相場や保険が適用されるか否かを事前に知った上で望むことで、余計な損をしなくて済むので、そういった点をご説明していきます。

AGAの治療は保険が適用されない!?

保険を使いたいと思っている方も多いとは思いますが、AGAの治療は基本的に保険の適用外となっています。
AGAの治療は大きく分けて、

  • 投薬治療
  • 塗る治療
  • 植毛
  • 発毛

といった方法があります。

しかし、これらの治療方法は厚生労働相が定めた医療保険が適用される治療方法に該当していないため、保険が適用できないのです。

この治療は美容整形と同じ種類に分類されてしまい、命に関わる病気ではないため、健康保険が効かないというようになってしまいます。

税務署に相談すると特例が適用される場合も

ところがこれには例外事例があり、税務署に認められた場合は医療費が控除される場合があり、年間で10万円以上になった場合は税金が返金されます。

また、精神的な理由や他の病気の合併症で脱毛し、治療を受けることになった場合も使うことができるので、一度最寄りの税務署に相談してみるのがいいでしょう。

実際の治療費の相場はいくらくらいなのか

AGAの治療方法は4つに分かれているので、治療方法によって値段が変動するため、各治療の平均的な値段についてご説明します。

治療方法によって費用は異なる

まず、投薬治療について一般的にはプロペシアという薬を処方されますが、こちらの相場は1ヶ月で1万円弱くらいになります。

外用薬は、ミノキシジル成分が入っているリアップやロゲインという頭部に直接塗る薬ですが、こちらは1ヶ月で7千円前後といったところです。

発毛注射に関しては、発毛に有効な成分を直接頭部に注射で打ち込む治療ですが、1万~4万円程の差があり、病院によって大きく変わります。

最後に植毛についてですが、こちらは髪の毛1本あたり300円ほどしますが、範囲が広いと3000本ほど植毛するので150万円ほどしてしまいます。

治療方法や病院によって値段は様々ですので、一概にいくらとは断定できませんが、上記内容が相場と考えていいでしょう。

安さを意識するならジェネリック医薬品

AGAの治療は基本的に長期で行われるのが前提としてあり、この病気は簡単に治るものではありません。

したがって、長期の治療が予想されますが、その場合ですと費用がかさんでしまうため、出費の負担が大きくなってしまいます。

継続して行う場合はジェネリック医薬品というものがあり、主にフィナステリド錠というものがあります。
これはプロペシアと同じ成分が含まれており、プロペシア同様にAGAの原因であるDHTの働きを阻害する効果があります。

個人輸入という選択肢もある

また、別の方法として、プロペシアを個人輸入することで、費用を抑えることも可能ですが、この場合、自己責任となってしまいます。

このように、自己責任で出費を抑える方法もあるので、長期治療で出費を抑えたい場合は検討してみるのもいいでしょう。

まとめ

驚きなのが、まずはAGAの治療が通常であれば保険適用外だったというところであり、全体的に治療費が高いのに適用されないとは痛手です。

しかし、年間を通じて10万円以上かかり、尚且つ税務署に相談して許可を得られれば税金がかえってくるという制度もあり、まさに救済処置と言えるでしょう。

治療費の相場ですが、治療内容によって金額が変わるため植毛以外であれば大体1万~4万円以内といった具合になります。

植毛に関しては、髪の毛1本単位の値段ですので、金額がまちまちですが、仮に1000本だとしても上記の計算だと30万円することになるため、割高です。

投薬治療だけにしぼり、尚且つ個人輸入であれば出費をかなり抑えることができる反面、副作用などの責任はすべて自己負担となってしまうので注意が必要です。

以上のように、1回の治療費でも中々割高なAGA治療ですが、その分、継続的に行えば10万円などあっという間にいきそうなので、病院での検査をおすすめします。


関連記事


ランキング