AGAの予防や改善に役立つ運動やトレーニング

はげや薄毛は運動で治るという話を聞いたことはないでしょうか?
実際、はげの原因は簡単に言ってしまうと髪の毛に栄養が回りきっていないからなのです。

また、AGAなどの病気の原因は男性ホルモンにあるとも言われており、これ以外にも様々な原因があります。
栄養が回りきっていないのは血行不良が主な原因のため、やはり運動やトレーニングによって改善されると思われがちです。

しかし、運動やトレーニングだけではげやAGAといった病気が治る可能性は低いというのが現状です。

だからといって、全く行わないのも違い、運動やトレーニングで多少の改善は見込めるので、運動とAGAなどの関係についてご説明していきます。

過度なトレーニングははげに禁物

男性ならムキムキな体やソフトマッチョに憧れる人も多いのではないでしょうか?
そのために日頃からトレーニングに精を出しているかと思いますが、実は、過度なトレーニングははげを誘発する恐れがあります

なぜなら、AGAなどの病気の原因は男性ホルモンと言われているからです。

過度なトレーニングを続けると、男性ホルモンが活発化してしまい、はげに拍車がかかると言われています。

あくまでも適度な運動が大事

一概にトレーニングをしたからはげる、ということではありませんが、日々の生活が乱れている上で行うとはげになりやすいということです。

運動は適度に行い、1日15分ほどを目処に自分に無理のない程度に行うことが大事だと思います。

AGAを予防!有酸素運動で抜け毛をなくそう

適度な運動ははげにも体にもよいという風に前述しましたが、ではどういった運動がよいのでしょうか?

有酸素運動というものは、一定のリズムで運動を繰り返し、代謝を上げるというものですが、代表的なところでいうと、ウォーキングや水泳です。

これにより、男性ホルモンを活性化させずに筋力が少しずつつくため、体全体の血行がよくなり、髪の毛に充分な栄養が回るようになります。

良好な血の巡りによって、抜け毛の防止にもなるため、できれば毎日行うのが望ましいでしょう。

ストレス解消で更に効果的

また、運動を定期的に行うことによってストレス解消にも繋がってくるので、一石二鳥になります。
トレーニングは程々に行い、できれば有酸素運動を取り入れたほうがAGAや抜け毛対策に近い対策です。

運動ははげにとって良い?それとも悪い?

正直なことを述べると、運動だけではげそのものを改善することはできません。
運動を行うことによって、血行の流れをよくし、頭への栄養を潤滑にすることはできますが、はげの改善は中々見込めません。

しかしながら、抜け毛の予防をすることはできるので、気づいた段階で早めに行えばAGAなども予防することはできます。

AGAなどの病気は早めに対策を行うことによって、薄毛や脱毛の促進を防ぐことができます。

早い段階で適度な運動を始めましょう

ですので、髪の毛の異変に気づいた段階、もしくは日頃からウォーキングなどで血行の流れをよくし、少しでも予防対策をするのが大事です。

予防をしっかりと行っておけば、はげになる可能性も極めて低くなるため、日頃の地道な努力の積み重ねで抜け毛を阻止しましょう。

まとめ

筋力トレーニングそのものが悪いわけではありませんが、AGAの原因が男性ホルモンである以上、やりすぎは避けたほうが良いかもしれません。

特に、既にAGAにかかっている人や、髪の毛が薄毛の人は有酸素運動に切り替え、毎日無理なく行えるようにシフトしていきましょう。

大事なのは、適度な運動を続けることですので、まずは自分で出来る限りの努力をしていきましょう。
運動は1日15~20分程度で問題はなく、これを毎日続けることによって徐々に筋力がついていき、体の基礎代謝が向上します。

AGAにかかった場合は早期対応が重要になってきますが、気づいた時にはかなり進行していた、では手遅れ感がでてしまいます。

かかってから放置しておくと、髪の毛衰退が続いてしまって抜け毛が大変なことになりますので、なるべく日頃から運動を行うようにしましょう。


関連記事


ランキング