病院で処方されるAGA治療薬の特長とおすすめポイント

AGAの治療は病院で行うことができ、ほぼ必ず投薬治療にて行われます。
処方される薬の種類も患者の病気の進行具合によって変わり、時には薬を併用することもあります。

元々、AGAで使用されている薬は海外で作られているものが多く、日本で作られたものとは違い、非常に効力が高いためリスクが伴う場合があります

病院で処方される薬は国で認可されたものを使用しているので、安全基準をクリアした薬を処方しているので安心です。

処方されるAGAの薬について様々な種類があるので、ここではその種類と特長、おすすめのポイントについてご説明します

外用薬のミノキシジルの特長

ミノキシジルという治療薬は、元々高血圧患者に使用される薬として開発されました。
頭皮に直接塗る外用薬で、毛穴などに直接薬が触れるので大きな効果が期待でき、また、効果を実感しやすい薬と言われています。

血流を良くして育毛効果を発揮する

これは発毛や育毛の効果があるAGAの治療薬で、血管拡張剤として使用されます。
血管を拡張することによって、血流を良くして頭部に必要な栄養を行き渡りやすくするために処方される薬です。

使用すると毛母・毛乳頭細胞に栄養を充足されることができるため、ヘアサイクル活動が活発になり、育毛や発毛効果が現れるのです。

ミノキシジルを含む成分の薬は国内でも認定されている薬ですので、専門クリニックなどに行くと処方される場合があります。

内服薬のプロペシアの特長

プロペシアは元々海外で開発された薬であり、2005年に日本でも厚生労働相が認可された薬としてAGAの治療薬に使われ始めました。

この薬は、AGAの原因となるDHTの働きを阻害する効果を持ち、これによってヘアサイクルを正常に戻していくための治療薬です。

詳しく説明すると、男性ホルモンであるテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結合し、脱毛を作用を引き起こす物質が出来上がります。

プロペシアは5αリダクターゼの酵素に働きかけ、その活動を阻害して脱毛作用の物質を作らせないようにするのです。

入手方法は2つあります

現在、プロペシアは2通りの方法で入手することができ、1つ目は病院にて処方してもらう方法ですが、こちらは医師からしっかり説明を受けるので安心して服用できます。

2つ目は、個人輸入で仕入れることができますが、上記でも説明した通り海外医薬品であり、個人輸入なため、全て自己責任になってしまうので注意が必要です。

内服薬のザガーロの特長

ザガーロは日本国内で製造販売が認可されているAGAの治療薬であり、2016年に国内で販売許可がでたばかりのものです。

ザガーロの主成分はデュタステリドというもので、DHTを阻害する効果を持つためプロペシアと酷似している治療薬です。

プロペシアと同様に5αリダクターゼの働きを阻止して脱毛作用を起こさないようにする、といった点は同じになります。

必ず専門医の指導を受けましょう

この5αリダクターゼは実はI型とII型があり、プロペシアはI型にしか効果がないため、完全に阻止することはできません。

しかし、ザガーロはI型とII型の両方に効果があるため、プロペシアの上位薬とも言えるAGAの治療薬なのです。

一見するとプロペシアより優れていると思われがちですが、AGAの状態によって5αリダクターゼの作用点が異なるため、医師の指導の元で服用するようにしましょう。

まとめ

現代ではAGAの治療薬の種類も増えてきており、日本でも製造販売されている治療薬があるため安心して服用することができます。

海外の薬でも医師の指導の下で服用する分には問題はないので、AGAの治療も安心して進めることができます。

ただし、AGAの治療薬は効力が高いものばかりですので、薬ごとにどういった副作用があるのかという点に関しては医師に事前に確認しておく必要があるでしょう。

AGAという病気は未だ完治できる病気ではなく、長期的な付き合いとなる病気ですが、ほとんどの人が増毛に成功しています。

したがって、AGAにかかったからといってハゲた人生を送ることが確定したわけではなく、ある程度であれば元に戻すことも可能なのです。

服用する薬をよく理解した上で、AGAという病気とどのように付き合っていくかが大事であり、決して進行が止まらない病気ではないのです。


関連記事


ランキング