AGAが遺伝で発症する理由と発症を避ける予防策

AGAは原因の1つに遺伝がありますが、その理由としてアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体がX染色体上にあるからです。

このアンドロゲンレセプターがDHTと相まって脱毛が起きるのですが、遺伝の場合、これが色濃く受け継がれている場合があります。

通常、男性ホルモン内にあるテストステロンは脱毛に作用しませんが、遺伝だとDHTなどどくっつきやすくなっています。
では、AGAにかかっている人は育毛ができず薄毛や脱毛は避けられないのか、というとそんなことはありません。

AGAのメカニズムを理解した上で、医者などの薬を処方してもらえば、抑制することも可能です。

遺伝してしまうAGAについて、遺伝の詳細とAGAについての正しい知識を取り入れて、AGA対策をしていきましょう。

AGAは男性ホルモンのあるものにくっついて起きる現象

AGAのメカニズムですが、そもそもAGAは男性ホルモンが原因で起こる病気だとご説明してきました。
これに関して詳しくご説明しますと、男性ホルモンといえど、それだけではAGAにはならないというのが本当の話です。

AGAを発症するまでの流れ

男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼの酵素が活性化され、ジヒドロテストステロンという物質が発生します。

これが男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターと結合して、髪の毛の成長を阻害する因子となりAGAが引き起こされるのです。

因子はTGF-βと呼ばれており、毛乳頭に脱毛命令を指示してしまい、毛母細胞が細胞分裂を止めてしまい、髪の毛の成長を止めてしまうのです。

AGAのメカニズムはこのようになっており、男性特有の病気といわれる原因はこの部分にあります。

遺伝は母親から受け継がれるものがほとんど

AGAの遺伝と聞くと、男性特有の病気なので父親から受け継がれる物、というイメージを持たれるかと思いますが、それは違います。

先ほど冒頭でも少し述べましたが、薄毛の遺伝子であるアンドロゲンレセプターはX染色体上にあります。
X染色体は基本的に母親からしか遺伝しないものです。

近年ではY染色体にもアンドロゲンレセプターが含まれていると研究で明らかにされてきているので、一概には言えませんが、母親から受け継がれるのが主です。

母親の祖父が薄毛の場合も遺伝する

また、母親の祖父が禿げていた場合、母親はその遺伝子を受け継いでいる可能性もあります。

遺伝に関して、自分がどれだけ遺伝しているのかを知りたい場合は、AGA遺伝子検査という検査がありますので、試してみると良いでしょう。

遺伝でもAGAは治したい

遺伝だからと言って薄毛や脱毛の運命からは避けられないのかというと、もちろんそんなことはありません。

5αリダクターゼを阻害するプロペシアという育毛剤があります。

そもそも男性ホルモンのテストステロンにこの酵素が活性化されなければ脱毛作用が起きることはないのです。

したがって、根本の原因を断ち切るのがこのプロペシアという成分であり、これは育毛剤ですが、髪の毛をどんどん増やすという効果はありません。

早めに服用を始めるのが大事

ですが、大本の原因を断ち切ることにより、髪の毛の生成サイクルが元に戻り始めますので、再び自力で髪の毛は成長し始めるのです。

これの注意点として重要なのが、服用するタイミングであり、AGAが進行しきった状態で服用しても毛根が萎縮してしまっては髪の毛が生えてこない場合があります。

両親や先祖が禿げている、自分の髪の毛に違和感を感じ始めたら、早めに服用するようにしましょう。

まとめ

AGAの根本の原因である5αリダクターゼが活性化してジヒドロテストステロンが発生し、更にそれがアンドロゲンレセプターと結合して脱毛作用が生まれます。

このアンドロゲンレセプターが遺伝によって大きく異なり、それが母親から遺伝するため、母親の家系が関わってきます。

AGAは男性でありながら遺伝によって大きく左右されることがわかり、遺伝で起こるため病気の発症年齢も限定されていません。

したがって、自分の家系には禿が多いという場合や自分の髪の毛に違和感を感じ始めたら、早急に検査してもらう必要があります。
検査でAGAと判断された場合は、原因の根本を断ち切る薬を服用し、ヘアサイクルを安定させるようにしましょう。

また、ヘアサイクルは日常生活にも関わっているため、健康的な生活を送ることも大事です。
AGAは遺伝するからといって諦める必要は無く、大事なのはその禿の運命に立ち向かうことが大事なのです。


関連記事


ランキング