AGAの人におすすめしたい育毛剤と配合成分

AGAにかかっている人や単純に薄げで悩んでいる人の中に、育毛剤について悩んだことがあるかと思います。
ですが、ひとえに育毛剤といっても、どこをポイントとしてみればよいのか、何を選んだらいいのかと悩みはつきないものですよね。

育毛剤を選ぶポイントも、個人の状況によって様々なため、一概には言えません。
口コミや売れているという理由も確かに買うポイントの1つですが、それだけで効果が必ず得られるかは別の話になります。

AGAの方などが選ぶべき育毛剤について、選ぶポイントや成分などを織り交ぜながらご説明していきます。

まずは自分の状態を確認することから始めましょう

育毛剤といっても様々な種類があり、一概にどれが一番良いというのは中々ありません。

何故なら、同じ育毛剤でも使う人によって個人差がでてしまうからであり、人によって良し悪しは変わります。

したがって、まずは自分の頭皮の状態を確認することから始めましょう。
頭皮の状態は病院にいくと見てくれますので、そこでどんな状態なのか、どういった育毛剤を選ぶべきかを聞いておきましょう。

口コミを確認するのもおすすめ

闇雲に育毛剤を買っても、効力を感じずにただお金だけ損をしてしまったり、逆に副作用で体調が悪くなったという場合もあります。

インターネットで自分と同じような状態でこういった育毛剤を使って効果があったという口コミを調べるのも1つの把握方法だと思います。

AGAに効果がある成分はこれだ

AGAの場合、その原因は男性ホルモンが5αリダクテーゼと結びつくことでジヒドロテストステロンという物質に変化します。

抜け毛や薄毛になる原因はこれが理由であるため、これらを抑制する成分が含まれている育毛剤を選ぶ必要があります。

抑制成分として、

  • フィナステリド
  • ノコギリヤシエキス
  • アロエエキス
  • センブリエキス

などがあります。

これらは男性ホルモンやDHTを抑制する成分が入っていますので、育毛剤選びの際にこういった成分が入っているかチェックしてみましょう。

薄毛の原因を改善する成分が大事

AGAは男性ホルモンが原因のため、こういった成分が入っていない育毛剤は薄毛症状を改善することが難しいでしょう。

ですので、その原因そのものを断ち切り、抜け毛や薄毛にの指令をだす物質を止めることによって、髪の毛の成長を促します。

それ以外にも重要な成分がある

AGAは男性ホルモンが原因と述べましたが、それ以外にも原因はあり、頭皮の状態や体の血行状態も関わってきます。

頭皮の状態とは、乾燥していて肌が荒れたりしている場合は、毛穴が傷んでしまい抜け毛の原因となります。
また、血行が悪いと髪の毛に必要な栄養が回りにくくなり、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

保湿・血行促進成分もチェック

育毛剤を選ぶ際は保湿成分や血行促進成分が含まれているかも併せて確認するようにしましょう。

主な成分として、保湿効果のある成分は

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • 昆布エキス
  • 海藻エキス

など様々な成分があります。

一方、血行促進のある成分は

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アロエエキス
  • ビワ葉エキス
  • ドクダミエキス

などがあります。

まとめ

髪の毛の薄毛などに悩んでいると、すぐに育毛剤に手をだしたくなりますが、口コミや売れているからという理由で選ばないようにしましょう。

育毛剤はそれぞれ配合されている成分が違うので、自分の抜け毛などの原因や頭皮の状態を把握してから選ぶのがいいでしょう。

AGAの場合は、DHTや男性ホルモンを抑制する成分を確認してから買うことをオススメします。

DHTなどを抑制する成分が入っていない物を買っても、効力を実感できずにお金だけ無駄になってしまうからです。

また、育毛剤を使用して副作用が起きたという事例もありますので、そういった情報は事前に調べたり、病院で聞いておく必要があります。

それ以外にも、育毛や発毛に必要な成分を豊富に含んでいる育毛剤もあるので、成分表は買う前にしっかり確認してから購入しましょう。


関連記事


ランキング