AGAを根本から治す効果が期待できるHARG療法

AGAの治療方法にはHARG療法というものがあり、メソセラピー療法同様に頭部に直接薬を与えることによって、薄毛や脱毛を改善する治療方法です。

一見するとメソセラピー療法と何も変わらないように感じますが、HARG療法は成長因子を含むタンパク質を注入するので、発毛が継続します

メソセラピーは、治療をやめてしまうと発毛なども止まり、再び抜け毛が発症してしまう恐れがあり、こういった点で違いがでます。

ところが、HARG療法を体験した人の声の中には全く効果がでなかったという声もあります。
今回のこの記事ではHARG療法に関しての治療内容やどういった効果が期待されるのか、また、治療した方の口コミについてご説明して参ります。

HARG療法とは

HARG療法は毛髪再生療法のことを指し、幹細胞から抽出した成長因子グロースファクターを注入して発毛を促進する治療方法です。

このグロースファクターは細胞を成長させて活性化させるタンパク質の成分であり、ビタミンと併せて投入します。

これらを併せたものをHARGカクテルといい、これは毛包を蘇らせて毛母細胞を強力に刺激して発毛を促進させるものです。

通常であれば、AGAの治療で使われる薬は、女性の方には使用できないものですが、このHARGカクテルは女性にも使用することができます。

副作用が少ないことも特徴

また、この療法はAGA治療の中では副作用が非常に少ない治療方法であり、他の治療と比べて体に負担をかけずに、治療を進めることができます。

HARG療法は頭皮の育毛と増毛を可能にした、もっとも新しい毛髪再生治療であり、医療機関でのみ行える治療方法なのです。

細胞成長因子を使用して発毛促進

HARG療法の最大の特徴は、それぞれの細胞源である幹細胞から抽出した成長因子を他の成分と併用して注入し、発毛促進を行うことです。

注射針にて注入するわけですが、この成長因子グロースファクターによって高い発毛効果が得られると言われています。

更に、毛周期サイクルを徐々に安定状態に戻すことで、自然に髪の毛が生えてくるような効果も備わっています。

HARG療法が毛髪再生医療と言われる所以は、サイクルを戻して髪の毛が自発的に生えてくるような状態にすることから言われています。

かなり早い段階で発毛する場合も

この治療を行い、早い人は1ヶ月程度で発毛を確認できたケースもあり、他のAGAの治療の中でもトップクラスの早さと言われています。

この治療は投薬治療などと一緒に行うことができますので、より効果を実感できることかと思います。

HARG療法を行ってみた方の口コミ

実際に施術を行った方の意見というのは大変参考になり貴重な情報になりますので、どういった効果がでたかなどについてご紹介していきます。

効果があった人の口コミ

「3回ほど施術を受けた頃から徐々に抜け毛がおさまっていき、髪の毛が自然と増え始め、6回目あたりでは自然と髪の毛も生え始め、髪の毛が回復しました。」
「5ヶ月ほど通院を続けていますが、最初の2ヶ月ほどはあまり効果が実感できずに、少し疑っていましたが、それ以降から細い髪の毛が生えてきているのを確認し、大変満足です。」

効果がなかった人の口コミ

ここまでは、HARG療法にて効果が現れ、ポジティブに捉えている人の意見でしたが、冒頭でも触れた通り、効果を実感できない人もいました。

「効果があると聞いて治療を受け始め10回コースで治療をお願いしましたが、ほとんど効果がありませんでした。」
「治療には痛みが伴い、それなりに出費もしましたが、結局効果はでずじまいだったので非常に後悔しています。もういきません」

痛みを伴う治療で高額なお金をとられたのに効果がでなかったという意見もあり、これらの意見は非常に残念です。

まとめ

HARG療法は、幹細胞から抽出された成長因子の注入によって細胞を活性化させて自発的発毛促進を行う療法です。

また、成長因子以外にもビタミンやアミノ酸といった頭部に必要な栄養を補給することで、髪の毛の成長を促す効果もあるそうです。

効果がでたという声もあり、平均的に3から半年くらいで効果を実感でき、最短で1ヶ月で実感できるなど、効果の早さに優れています。

しかし、AGAというのは一種の病気であるため、何度も試したのに効果がでなかったという声も上がっているので、絶対とは言い切れないようです。

HARG治療の効果は人それぞれですが、平均的に3ヶ月以降で効果が見え始めるので、それまで試してみる価値は充分にある療法でしょう。


関連記事


ランキング