医療用レーザーで行うAGA治療の効果・効能

AGA治療は、今やレーザーによる治療が可能な時代となっており、今では最先端の医療技術となります。
日本では未だ認知度が低い治療方法であり、元々はアメリカにて認められた治療方法であり、様々な実績を持っています。

レーザー治療と聞くと、皮膚の断面を切断し高熱のなにかというイメージがあり、不安といったイメージですが、AGAの治療はそういったことはありません。

基本的には薄毛改善のために使用される技術であり、専用の光を頭部にあてて血行をよくすることを目的として使用されます。
このレーザー治療とは具体的にどういった治療でどのような効果があるのかについて解説していきます。

そもそもAGAのレーザー治療とは

冒頭でも少し触れましたが、AGAのレーザー治療とはアメリカのFDAという公的機関にて認められたのが始まりであり、実績を多く残しております。

日本でのAGAの治療は圧倒的に投薬治療が多く、プロペシアやミノキシジルという成分が含有された薬にて治療が行われています。

投薬治療で使用されるプロペシアなども、元々はFDAで認められて使用され始め、こちらの薬もアメリカで製造販売されたものなのです。

レーザー治療の成功率はとても高い

レーザー治療の臨床実験では、低出力レーザー育毛機で発毛を促し、その実験が成功しているという例もあり、その成功率は93%と非常に高い数字をだしています。

投薬治療による治療でも80%と程と言われているので、それを上回るものとして非常に高い効果があると言われています。

この治療方法が日本にも広まり、厚生労働省に認められて今では国内でも少しずつレーザー治療によるAGA対策が広まりました。

レーザー治療は気持ちいい?マッサージ効果で血行を改善

AGAのレーザー治療は、冒頭でも少し触れましたが血行をよくすることを目的としています。
このレーザー治療は頭部に光を当てて血行を促す他にマッサージ効果もあるため、2つの作用で効果をだします。

光を照射することで、頭皮の血管を拡張させて血流を良くし、頭部に必要な栄養の循環を良くして発毛・育毛に拍車をかける効果があります。

髪の毛が成長しやすい状態にする

また、レーザー治療にはもう1つ効果があり、毛母細胞を活性化させることができ、こちらも同様に血行を良くする効果があります。

毛母細胞が活性されると発毛促進され、髪の毛が成長していくため、レーザー治療で育毛・発毛に絶大な効果を与えます。

このように、レーザー治療だけでAGAの悩みである発毛障害を改善することができるため、お悩みの方には是非おすすめな治療方法です。

レーザー治療は体に害なし!しかしお財布が痛い

通常、AGAの治療は投薬治療が基本と前述しましたが、その裏では副作用が多少なりと起きると言われています。

ところが、このレーザー治療は人体に悪い影響を与えることがないため、副作用の心配をせずに治療に専念することができます。

レーザーだから頭の内部が異常をきたすのではないかという心配もあるかと思いますが、この治療はかえって良い結果をもたらしてくれます。

頭皮血行の改善の他に、細胞分裂が活性化し体の免疫力を高めてくれる効果もあるため、人体の影響においてはいいことづくしなのです。

治療費を考慮しすることが大事

レーザー治療の難点と言えば、日本ではまだ普及が進みきっていないので、中々高額な金額をとられてしまう場合があります

お財布に余裕があり、その他の治療で全然発毛効果が得られなかったという方は一度この治療方法を試してみると良いでしょう。

まとめ

レーザー治療はまさにAGA治療において革命的な技術と言えるでしょう。
今までAGAに悩まされ続け、治療を施しても結果に中々繋がらない人も多かったことかと思います。

また、投薬治療において副作用が起きてしまい、治療がかえって苦痛という方も中にはいるのではないでしょうか?

そんな方々は、人体に悪い影響を与えないレーザー治療がオススメであり、ほとんどの方が効果ありと言われる治療です。

ただ、お財布事情に優しくないのがレーザー治療ですので、充分なお金を用意できるようになってから治療するのが望ましいでしょう。

AGAの治療はまだまだ進化しており、完治しない病気と言われていますが、最先端の技術を用いればかなり完治に近い状態にまでなるようになっているのです。


関連記事


ランキング