中高年層におすすめのAGA治療

AGAは年代に関わらず、多くの方が発症する可能性のある病気で、特に中高年層の方は3人に1人の割合でなっていると言われています。

中高年代になると髪の毛の後退や薄毛になっている人が多く、同時に悩む人も増えてくることかと思います。
そういう歳だから仕方がないなんて思っていると、どんどん進行が進み気づいたら髪の毛が無くなっているなんてこともあります。

どの病気にも言えることですが、AGAも早期治療が大事であり、進行が進むに連れて治療も大変になってきます。
ここではそんな中高年層のためのAGA対策や薄毛に悩む人のための対処方法をご紹介していきます。

まずは私生活の改善から

人の体の全てに共通して言えることですが、生活習慣は人の健康を支えているものであり、最も重要なポイントです。

特にAGAの場合、気を付けたい点は

  • アルコールやタバコの過剰摂取
  • ストレス
  • 睡眠不足

になります。

生活習慣の乱れが血流悪化を招く

大人になるとお酒やタバコが習慣の一部になっている人も多いと思いますが、過剰摂取は血液の流れを阻害してしまうため髪に栄養が回らなくなってしまいます。

同様に、ストレスも過剰になると代謝機能が低下してしまい、血液の流れを悪くする作用が働いてしまいます。

しっかり睡眠時間を確保しましょう

午後10時から午前2時の間は毛母細胞が最も活性化して髪の毛の成長が促される時間なのです。
その時間に起きていると、毛母細胞がうまく活性化せず、髪の毛が成長しにくくなってしまいます。

以上の生活習慣はなるべく改善を施し、髪の毛に優しい規則正しい生活を行うことがAGA対策の第一歩となるのです。

育毛剤とサプリメントで頭皮ケアしよう

中高年層になると頭皮が硬化したタンパク質や余計な皮脂が硬化して毛穴に詰まってしまっている場合があります。

育毛剤は有効成分によってAGAの働きを阻害するだけでなく、マッサージを同時に行って毛穴の掃除や頭皮の柔軟化することが目的です。

亜鉛を含むサプリメントがおすすめ

頭皮の環境が整ったらサプリメントの登場ですが、選ぶサプリメントは亜鉛の含有量が多いものを選びましょう。
亜鉛は普段の何気ない食生活からは中々摂取できませんが、髪の毛の成長にはかかせない栄養素なのです。

外からは育毛剤で効果を与えていき、中からは亜鉛の含有量が多いサプリメントを摂取してAGA対策を行っていきましょう。

普段の生活の中でもこういったことはすぐにできるはずなので、髪の毛に違和感を感じたらすぐに購入し、対策を施しましょう。

病院や専門のクリニックで投薬治療対策をしよう

AGAにかかった場合の一番主流な方法なのが投薬治療であり、病院や専門のクリニックに行って処方してもらうことができます。
主に処方される薬はプロぺシアという内服薬やミノキシジルといった外用薬になります。

プロペシアやミノキシジルはAGA治療でよく用いられる

プロペシアはAGAの原因でもある5αリダクターゼ酵素の働きを阻害して抜け毛を防ぐための薬になります。
ミノキシジルは血管拡張剤であり、服用することで血管を拡張し、血行を良くして髪の毛に栄養を行きやすくするための薬です。

基本的にどこの場所でもこういった投薬治療を行うところが多く、現代の日本のAGAのオーソドックスな治療方法です。

髪の毛の抜け毛や薄毛が気になり始めたらまずは近くの病院やクリニックなどを訪れて早期対応をしましょう。

まとめ

以上のことから、中高年層の方々はまず生活習慣を見直し、改善するべきポイントは意識して直していくようにしましょう。
生活習慣は自分の意志1つで変えられる手っ取り早い方法ですのでそういった点から努力していきましょう。

しかし、生活習慣を変えただけでは劇的な効果は生まれないので、育毛剤やサプリメントを使って効果を与えていきましょう。
それでも効果が実感できない場合は病院やクリニックで治療してもらうのがいいでしょう。

髪の毛ははげるのが当たり前と思わずに、異変を感じたら早期対応することが望ましいので、なるべく早く対応してくださいね。


関連記事


ランキング