AGA治療のための海外製育毛薬

AGAの治療薬は海外からも輸入することができ、今では個人輸入をすることもできるようになりました。
日本の薬は安全面を重視しており、副作用がでる、体に障害が起きる物は販売・処方されることが少ないのです。

しかし、海外製品のものは、効果を重視して作られる医薬品が多いため、効力には期待できる薬が多いと言われています。

一部のAGAクリニックは、クリニックと患者さんの判断で使用している発毛剤もあります。
ですが、その大半は日本の厚労省が認可したものになります。

では海外の育毛薬はとは具体的にどういったものを使用し、どのような効果があるのかについてご紹介していきます。

海外の育毛薬とは

日本でも海外でもAGAは発症しており、世界共通の悩みとも言える病気であり、どの国でも対策が施されています。

海外の育毛薬は、冒頭でも述べたように効力を第一の目的として作られているため、その効力には期待できるものが多いです。

日本では未承認の成分が含まれる場合が多い

日本では薬事法という、法律で薬の成分や有効性などが細かく決められており、薬事法自体が安全性を重視するための法律なのです。

しかし、海外の医薬品は国ごとの基準をクリアしていれば販売することが許可されていますが、日本では認められていない成分も多く入っています。

そのため、インターネットで個人的に海外の業者から育毛薬を輸入して購入する方が増えてきています。

個人輸入では、個人の自己負担で個人が使用するのであれば問題はないと薬事法で定められており、輸入して服用しているかたもいます。

海外で取り扱っている育毛薬の効能

海外で取り扱っている育毛薬について、有名な医薬品をいくつかご紹介していきたいと思います。
まず、1番有名と言われているのが、プロペシアという育毛サプリメントであり、未成年や女性は服用できません

これは、海外製品の中でもトップクラスの発毛促進剤と言われており、薄毛AGA治療薬の中では絶大な効果を発揮すると言われています。

プロペシアは厚労省に認可された薬のため、市販では販売されていませんが、病院などで処方してもらうことができます。

個人輸入より病院での処方がおすすめ

個人輸入でも手に入れることができ、コストも安く手にすることができますが、安全面を考慮するなら病院で処方してもらうのがいいでしょう。

この薬の副作用として、男性の性機能低下と性欲減退になる可能性があるため、薬を服用する際には注意が必要です。

日本と海外の育毛薬の違い

まず、日本の育毛薬に関してはどの薬においてもですが、安全第一というところであり、効能は二の次です。
それとは逆で海外の薬は効能が第一として作られているため、効力には期待できます。

安全基準の違いに注意

海外の薬が安全面を無視して作られているかというと、そういう訳ではなく、各国の安全基準はクリアしています。

したがって安全面に難ありというわけではございませんが、効能が強い分、副作用も現れる可能性があります。

また、各国によって安全基準はまちまちであり、基準の有効成分の含有量も日本とは桁が違うほど高いです。
海外の薬を使用する場合には、効能が高い分リスクも高いので、不安に感じる場合は医者に処方されたものを使用しましょう。

まとめ

海外輸入の薬は日本で販売されている薬よりも遥かに効能が高い薬が多く販売されている反面、リスクも大きいようです。

また、手に入れる手段が基本的には個人輸入なので、安全面に関しては危険がつきまとう場合があります。
しかし、その効果は絶大なため利用する人も少なくはありません。。

AGAは日本では3人に1人の確率で発症しており、非常に発症率の高い病気のため、日本の病院でもプロペシアを処方する所が増えてきました。

プロペシアは、その絶大な効果の反面、性欲減退や勃起不全といった副作用が起こる場合があります。
海外の薬を服用する場合は、どういった成分が含まれていて、副作用としてどういうことが起きるのかをちゃんと調べた上で使用することが望ましいでしょう。


関連記事


ランキング