不摂生やストレスで薄毛になる30代男性向けのAGA対策

一般の30代の男性となると、仕事においては様々な仕事を任されるほか、役職に就任して責任を負うことも増えてくる年代です。

日々仕事に終われ、頭を抱えることも増えてきてストレスや仕事が忙しいため睡眠不足になったりといった生活を送っている人もいるでしょう。

また、ストレス発散や気持ちをリセットするためにお酒をよく飲まれる人も中にはいるかと思います。

そういった生活が続くにつれ、髪の毛が少しずつ薄れてきたり抜け毛が気になったりする年頃でもあります。

30代の薄毛や抜け毛は大半がAGAと言われる病気であるため、日常からのAGA対策や予防について考察していきましょう。

なんといっても生活習慣が大事

まずはやはり生活習慣の見直しから始めるべきであり、人の体の健康は生活習慣によって大きく変わります。
ストレスや偏った食事、睡眠不足などは髪の毛にも大きな影響を与えます。

自分なりにストレス発散方法を見つける他に、適度に睡眠時間を確保すること、そして食事には特に栄養を意識してとるようにしましょう。

お酒の飲み過ぎにも要注意

また、過度のアルコール摂取は血行の流れを阻害してしまうため、髪の毛の成長に必要な栄養がまわりにくくなってしまいます。
それ以外に、喫煙はアルコール同様に血液の流れを悪くしてしまうので、なるべく控えるようにしましょう。

日頃の注意1つで、体の健康は大きく変わってきますので、意識して改善していくことが大事です。

適度な運動で血行をよくしていこう

AGAは通常、激しい運動はさけるようにと言われており、その原因が、激しい運動をすると男性ホルモンが活性化して進行が早くなるからと言われています。

ですが、ウォーキングやジョギング程度であれば、むしろ健康によく代謝が上がりますので定期的に行うのがおすすめです。

有酸素運動がおすすめ

社会人となると日頃の疲れや時間の無さから、運動を怠りがちですが、休日や仕事終わりに1日20分程度の運動を続けることが重要です。

運動自体がAGAの根本的な解決には結びつきませんが、栄養を頭部に供給しやすくなるだけでなく他の体の健康を維持するためにも必要です。

ウェーキングなどは有酸素運動といって、体の血の巡りが向上し栄養が体全体に行き渡りやすくなりますので、AGAだけでなく健康を意識した生活を過ごすことが大事です。

抜け毛対策としてプロペシアなどを服用しよう

病院やクリニックでAGA対策として処方される薬の大半はプロペシアという内服薬やミノキシジルといった外服薬が主です。
AGAという病気は一度発症すると、現代の医療はでは完全に完治することは不可能と言われています。

しかし、進行を防ぎ、脱毛や薄毛を改善することはでき、それらの効果があるのが上記の薬です。

医薬品の効果を理解して対策を

プロペシアとは主に、AGAの原因であるDHTを阻害して抜け毛を防ぐ効力があります。
ミノキシジルは頭に直接塗る外用薬で、血管拡張剤として使用されますがこれにより血流を良くして頭部に栄養が流れやすくします。

AGAにかかってしまった場合はこういった方法で対策をとっていく必要があります。

まとめ

30代は最も仕事が忙しい世代となり、様々な業務を行う他に仕事における責任も負わなければならず、心身ともに疲れる時もあるでしょう。

仕事に追われ、日々の生活の乱れやストレスなどを感じる時も多いと思いますが、それによってAGAが活性化してしまうので皮肉なものです。

AGAを根本的に治す場合は、まずは病院や専門のクリニックに行き、適切な治療方法を紹介してもらいましょう。

基本的には投薬治療ですが、症状の状態によっては他の治療方法もあるため、まずは相談してみることが大事です。

薬に関しては、海外で取り扱っている薬が多いため、個人輸入もできますが全て自己責任になりますので注意が必要です。

大事なのは、発症する前から日々の生活習慣を規則正しくすることが、AGAだけでなくその他の病気を防ぐ予防策でもあるのです。


関連記事


ランキング