使い続けるのは危険!薄毛になるリスクが高いシャンプーの特徴

お風呂に入る際、多くの人は水で髪を濡らした後に必ずシャンプーを使用して頭を洗いながすことでしょう。
実際にシャンプーには洗浄力と香料が含まれているため、髪を綺麗にし、いい匂いをつけてくれるとイメージ付いていることでしょう。

しかし、シャンプーには思いがけない危険が潜んでいることを皆様はご存知だったでしょうか?
特に市販のシャンプーには危険が多く潜んでいるため、実は知らない間に髪や頭皮が傷んでいるなんてこともあります。

では実際にシャンプーにはどんな危険が潜んでいるのかについて、その危険な特長を掘り下げてみましょう。

アルコール系のシャンプーは人によっては危険

まず、そもそもシャンプーの種類ですが大きく分けて3つの種類があります。
その中で高級アルコール系と呼ばれるシャンプーは、市販のシャンプーの中では最も多い種類のシャンプーです。

これは石油由来の界面活性剤を使用した強い洗浄力が特長なシャンプーですが、この洗浄力が裏目にでてしまう場合があります。

洗浄力の強さが必要な皮脂を奪う

通常、人の皮脂は紫外線や汚れから頭皮を守るために存在し、適度な量は必要と言われていますが、強い洗浄力のあるシャンプーは皮脂を根こそぎ洗い落としてしまいます

つまり、頭皮を守るバリアが無くなってしまうため、頭皮や髪の毛がダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

人によって体質が違うのと同様に、皮脂の量も人によって様々ですが、この量が少ない人がアルコール系シャンプーを使い続けると、頭皮が炎症を起こしたりしてしまいます。

手軽に使用できても控えるべき

如何せんアルコール系のシャンプーは原価が安いため、比較的安価で手に入りますが皮脂量が少ない人は危険です。

〇〇硫酸が含まれているシャンプー・石鹸シャンプーは危険

シャンプーの中にはラウレス硫酸、ラウリル硫酸という成分が含まれているシャンプーがあり、これらはアルコール系のシャンプーに含まれていることが多いです。

これらの何が危険なのかというと、上記で説明した強い洗浄力の原因がこれらの成分だからなのです。

強い硫酸は髪や頭皮を守る皮脂を分解して洗浄してしまうため、頭皮が敏感になり炎症を起こしたり乾燥肌になりやすくなってしまいます。

皮脂を奪う洗浄力の強さが危険な理由

次に石鹸シャンプーですが、こちらも同様に洗浄力が強いと言われているシャンプーのため、アルコール系と同じように皮脂を洗い流してしまうのです。

皮脂が洗い流されると、乾燥肌になり頭皮がキシキシとした状態になるだけでなく髪がごわつく可能性があります。

体質によって皮脂や保湿量が違うため一概には言えませんが、基本的にはあまり頭皮や髪によくないのがこれらのシャンプーや成分なのです。

無添加シャンプーは実は無添加ではない

シャンプーの表記に無添加と記載されている物があるかと思いますが、実はこれ、100%無添加ではありません。

厚生省は化粧品基準という資料の中に、配合したり禁じたり制限をもうける成分を示し、ここから100を超える成分に限っては無添加と表記するようになりました。

つまり、資料に載っていない成分が含まれていたとしても無添加扱いになってしまうのです。

きちんと成分表示を確認するべき

しかし、化粧品に配合されている成分は全て表記すると決められるようにもなっているため、成分自体は全て確認することができます。

要は制限が決まっていないものに関しては表記で確認することができるため、無添加と書かれた事実上無添加ではない成分は確認できないのです。

このように、無添加のものだから有害な成分は入っていないというわけではないため、一概に安心できるわけではありません。

まとめ

市販のシャンプーには思わぬ危険があり、自分にあったものを選ばないと髪や頭皮を傷つけてしまっています。

基本的にはアルコール系のシャンプーが市販の中では取扱が多いため、整髪料をつけない人や皮脂が少ない人は、これらを使用すると薄毛の原因になってしまう可能性があります。

また、無添加物と記載されているもシャンプーも実際には無添加ではないため、どのような成分が入っているかしっかりと確認しましょう。

適当に選んでしまっては折角のシャンプーがかえって自分を傷つけ兼ねないのでシャンプー選びは慎重に行いましょう。


関連記事


ランキング