育毛時は避けたい危険な食生活の例と注意点

現代の食の文化は欧米化が進み、ファーストフードや脂っこい食べ物などが家庭に並ぶようになってきました。
また、輸入品が多くなっていることも1つの要因であり、今や食の欧米化は日常になってきています。

ところが、この食の欧米化が進行するにつれて徐々に食生活が偏り始めている傾向にあり、特に若者の食生活の偏りは著しく増加傾向にあります。

食生活が偏ると栄養バランスが崩れてしまうため、体の至るところに問題が起きる他、髪の毛などが薄毛になってしまう可能性があります。

現代ではこういった原因から若年層にも薄毛が目立つようになってきているため、ここでは髪の毛に良くない食生活のよくあるケースや注意点について触れていきます。

髪の毛が薄毛になりやすい人の食生活パターン

髪の毛とは細胞分裂によって成長・生成されていきますが、栄養のバランスが偏った食生活は血流が悪くなり、栄養が運ばれにくくなりるため薄毛になりがちです。

こういった食生活を送っている人のよくあるパターンをいくつかご紹介します。

就寝直前に食べる

まずよくあるのが、就寝前に食べ物を食べてしまうという例はよくあるケースであり、就寝前はお腹が空きやすいのでついつい食べてしまうものです。

しかし、就寝前の食事は髪の成長に使うエネルギーを食事の消化に使用してしまうため、髪の毛の成長速度を遅めてしまいます

明らかな食べ過ぎ

また、若者によくあるケースですが、ついつい食べ過ぎてしまうパターンも見受けられます。

しかし、食べ過ぎは肥満の原因となってしまい、肥満になると同様に血流が低下する他、多汗症になる場合があり、これも同様に毛穴を埋めてしまい、髪が成長しなくなる原因になります。

こういったケースは特に多いため、食生活を乱さないように、栄養のバランスを考えた食生活を行いましょう。

栄養の偏りが起こると育毛に支障をきたす

薄毛の原因である食生活の乱れですが、栄養のバランスが崩れると髪の毛はすぐにその影響を受けてしまいます。

髪の毛とは本来生命維持に関わらないため、栄養の供給が体内では後回しにされてしまう構造になっています。
ある意味では余分な栄養を受けて髪の毛は成長しているとも考えられるのです。

髪の毛はすぐに栄養バランスの影響を受ける

日頃から栄養をバランスよく摂取しているのであれば問題はありませんが、栄養が偏ると髪よりも優先して他のところに回ってしまうため、すぐに髪は影響を受けます。

つまり、髪が薄くなってきたと感じた場合、体の栄養がかなり不足してきていると考えていいでしょう。

髪の毛とはそれほどまでに単純なものであり、すぐに影響がでてしまう部位のため、栄養はしっかりと取りましょう。

育毛するために食生活で注意点すべき点とは?

育毛を行うにあたって、ここまでの説明で髪の毛の成長には栄養が欠かせないことはお分かりいただけたかと思います。

栄養バランスを考えた3食にする

まず、食生活において注意したい点ですが、1日3食はしっかりと食べるようにして、朝・昼・夜とそれぞれ栄養が偏らない食事にしましょう。

その食事の中で尚良いのはタンパク質や亜鉛を多く含む食材が使われていると、髪の毛の成長を促すためより良いとされています。

3食しっかりとっても栄養が偏った食事はでは意味がないので、しっかりとバランスを考えて食べるようにしましょう。

過激なダイエットは避ける

次にダイエットについてですが、よく食べ物を摂らないで痩せようと考えている方がいらっしゃいますが、これは危険ですのでやめましょう。

食事を抜くということはそれだけ栄養が体に入らないということになりますので、食事はきちんと摂取しましょう。

まとめ

食生活の乱れは髪の毛の成長を阻害し、抜け毛を引き起こす原因になります。
夜食を食べる癖がつくと、髪の成長に必要なエネルギーをとられる他に、偏った食生活は栄養バランスが崩れ、栄養不足を引き起こします。

栄養不足になると、体の生命維持において優先的なところから栄養を与えてしまうため、髪の毛の成長を止めてしまいます。

また、食生活においてダイエットによる断食をするケースが見られますが、これは間違ったダイエット方法であり、体の生命維持に関わるため、食事はきちんとりましょう。

髪の毛の成長において、最も必要なのは栄養ですので毎日しっかりとした食事をとり髪の毛に負担をかけないようにしましょう。


関連記事


ランキング