ミノキシジルタブレットの危険性と安全な飲み方・期待できる育毛効果

皆様は育毛剤のミノキシジルタブレットというものはご存知でしょうか?
ミノキシジルは血管拡張剤として使用されている育毛剤でもあり、薬でもあり、これは元々は降圧剤として使用されていました。

ところが、その副作用で体毛が濃くなるという報告が多かったことから育毛にも効果がある可能性があると踏み、今では病院で育毛対策として処方されるようになりました。

実際にユーザーの口コミを見てみると効果を発揮したという声や逆に効果が出ない、副作用が出るといった声もありました。

では実際にミノキシジルタブレットとは効果があるのか、副作用にはどういった危険があるのか、安全な飲み方などについてご説明していきます。

ミノキシジルがもたらす効果について

育毛や薄毛対策として処方されているミノキシジルですが、上記でも触れた通り血管拡張剤として使用されています。

血行が良くなることで育毛効果が期待できる

血管が拡張することと育毛に関しての関係性ですが、髪の毛とは本来血液から栄養と酸素が運ばれてくるものを吸収して成長・生成を繰り返しています。

薄毛の原因の中には血行不良により、髪に栄養が行き渡らないことから起こる場合があるため、血管を拡張して血液の流れを良くして薄毛対策を図ることがあります。

ミノキシジルはこういった原理を元に処方される他、元々の副作用で起きた多毛症から毛を生やす効果があるという実験結果から育毛剤として活用されています。

人によっては育毛効果が見られない場合もある

ですが人は体質によって変わる他、薬も個人差があるため全ての人が均等に効果を得られるというわけではないようです。

元々血流が良い人にミノキシジルを処方しても効果が得られないのは必然であり、薄毛にその他の原因があれば効果がないというパターンもあります。

この薬のリスク、起こりうる副作用とは

ミノキシジルは医薬品として取り扱われているため、育毛や薄毛対策に高い効果を発揮すると言われています。

その理由として、医薬品認定されているということは治療を目的としているため、その効果は国が認めているということになります。

多毛症や性欲減退などの副作用に注意

ところが、この薬の効果が高いことと比例して副作用の効果も高くなると言われており、主に多毛症や性欲減退などといった副作用が確認されています。

これらの副作用は多くの処方された患者から声が上がっており、副作用の中で最も多い症状と言えます。

個人輸入は副作用のリスクも自己責任に

また、ミノキシジルとは元々海外で作られた薬であり、病院で処方される以外に個人輸入で格安で手に入れることも可能です。

しかし、この場合だと副作用における責任も全て自己負担となってしまうため、あまりオススメはできません。

育毛効果が高いがリスクも高い、安全に使用するには

ミノキシジルタブレットは高い育毛効果を発揮する分、リスクも大きいというデメリットもある医薬品です。

しかし、薄毛に悩んでいる人はやはり高い効果を発揮する薬を使い、一日でも早く薄毛を治したいことでしょう。

正しい用量を守ることが大事

この薬の副作用を抑える安全な飲み方についてご紹介していきますが、まずは1日5mgほどから摂取していきましょう。

基本的な1日の許容量は50mgですが、突然その量を服用すると体に負荷がかかってしまい、副作用が起こる確率を上げてしまうからです。

したがって、少量から摂取していき様子を見ながら状況に応じて服用量を上げていきましょう。

水で飲むことも重要

また、摂取する際に水以外のもので服用するとミノキシジルの成分と変に化学反応を起こしてしまう場合があるため、基本は水以外では服用しないようにしましょう。

まとめ

この薬は多毛症という副作用が所以で育毛や薄毛対策の薬として処方され始めましたが、元々は降圧剤が目的で作られた薬であるため、育毛に対して正しいマニュアルがありません。

また、海外から輸入で薬を入手することも可能ですが、危険な可能性も高いため、基本は医師から処方してもらうようにしましょう。

医薬品のため、高い効果を発揮する分それに応じて副作用が起こる可能性も充分に含んだ薬のため、使用の際はしっかりと副作用の症状を把握しておきましょう。

ここまでミノキシジルの危険性などについてご説明しましたが、実際には育毛効果が高いのも事実であるため、安全な飲み方をすれば副作用を抑えることもできるのです。

薬も多量になれば毒となるということわざがありますが、なるべくそうならないように心掛けて服用するようにしましょう。


関連記事


ランキング