男性が筋トレをすると薄毛になる危険性が高まる理由と対応策

男性なら誰しもムキムキな体に憧れるものであり、ソフトマッチョな体は理想な体型とも言えるでしょう。
そのために筋トレを重ねるに重ね、ジムや自宅で男らしい肉体作りをしている人もいるかと思います。

しかし、そんな筋トレが実は髪の毛に危険を与えている可能性があることは皆さまご存知だったでしょうか。

筋トレをすれば代謝も上がり、一見健康的と思われがちですが実は薄毛を誘因している場合があります。

では何故筋トレがハゲや薄毛と関係しているのかについて、薄毛の原因などを解説しながら紐解いていきます。

薄毛の原因には男性ホルモンが大きく関わっている

筋トレによる筋力増加は筋肉だけでなく、骨を太くし内臓脂肪の抑制、精力の増加といった様々なメリットがあります。

同時に男性ホルモンを増加させていることに直結するのですが、この男性ホルモンの増加が薄毛を起こす可能性があるのです。

男性ホルモンが薄毛を引き起こす大きな原因になる

男性ホルモンはテストステロンという成分のことを指していますが、近年、これが原因でハゲになる病気があります。

それはAGAという男性型脱毛症と呼ばれる病気であり、この病気はこのテストステロンが大元となってできる病気なのです。

つまり男性ホルモンが増えるAGAになる確率が高まるということでもあり、薄毛やハゲになるリスクが高くなります。
薄毛を恐れている、または薄毛が気になり始めている人はなるべく筋トレは避けた方がよいでしょう。

筋トレによってハゲる人とそうでない人の違いは?

上記の内容で筋トレをするとハゲになる可能性があると説明しましたが、一概に全ての人がそうなる訳ではありません。

現実的にアスリートや格闘家など、筋肉ムキムキな人でもハゲていないというイメージは誰しもあるでしょう。

遺伝や生活習慣の乱れが原因になる

筋トレをしてハゲる人とそうでない人の違いについてご説明しますが、この2つの人の違いは、家系でハゲている人が多い遺伝か、私生活が乱れている人に当てはまります。

遺伝によりハゲやすい体質の方もおり、これはホルモン分泌の問題やAGAの大元であるテストステロンと5αリダクターゼが結合しやすいといった特徴があるからです。

また、私生活において夜更かしや食生活が乱れ、栄養が偏っている人の場合は筋トレによってハゲてしまう傾向にあります。

筋トレにおいて、自分の家系や生活習慣を一度見直し、必要であれば薄毛を気にしながら筋トレをしてみましょう。

筋トレをしながらハゲを予防する方法は有酸素運動とタンパク質の摂取

有酸素運動とは一定の動きを続け、体内の代謝UPと脂肪をエネルギーとして燃やす運動のことをいいます。

この有酸素運動は筋トレのように瞬間的な筋力増加ではなく、持久力を高める方法でもあるため、基礎代謝が上がりやすいと言われています。

有酸素運動を続けることにより、時間をかけて筋力がUPする他、代謝が良くなり血液循環が改善されるため、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなります。

タンパク質が髪と筋肉を育てる

次にタンパク質の摂取ですが、筋トレを行うと筋組織が破壊され、その後にタンパク質を吸収して回復していきます。

同様に髪の毛の成長に必要なアミノ酸はタンパク質からできているため、どちらにおいてもタンパク質は必要となります。

髪の毛と体の筋肉のことを考えてしっかりと体をつくっていくには、ある程度の時間と定期的なタンパク質の摂取が必要となるのです。

まとめ

男性が望むムキムキの体において、人によっては筋トレが原因でハゲてしまう方もいるのは事実なのです。

筋トレとハゲの関係性は確かにあり、誰しもが筋トレにおいてハゲる可能性も大なり小なりはありますが、方法によって薄毛の可能性を低くすることは可能です。

筋トレで髪の毛が気になる場合は、まず、自分が薄毛の遺伝を持っているかと私生活がきちんとしているかを確認しましょう。
また、事前に薄毛を予防することもできるので、薄毛対策はきちんと行いつつ筋トレに励みましょう。


関連記事


ランキング