薄毛の危険性が高まる労働環境の職業事例

髪の毛の成長は夜中の寝ている間に起こるものであり、人は寝ている間にヘアサイクルが活動して成長・生成しています。

これらが夜間の寝ている間に起こる理由は、ホルモン分泌が夜の22時~2時の間が最も多く分泌される時間だからです。

また、活動中はその他の部分にエネルギーを使用しているため、ヘアサイクルに必要なエネルギーを避けないなどといった理由もあります。

しかし、世の中の仕事には夜間にメインで働く仕事もたくさんあり、例えば新聞配達やタクシー業者といった職業があります。

こういった仕事を続けているとハゲやすくなってしまうのかについて、薄毛と髪の毛に関わる仕事についてご説明していきます。

やはり新聞配達員はハゲやすい

冒頭でも少し触れましたが、新聞配達員は薄毛の理論からやはりハゲやすい傾向にある職業であると言えます。

髪の毛の成長を阻害する勤務時間帯が大きな原因に

髪が最も成長する夜間に仕事をしているだけで、髪が成長する時間に体が動いているため、本来成長する時間に成長ができないのです。

また、最も成長しやすい時間に体が動いているため、成長速度も遅くなってしまい、薄毛になりやすいと言えます。

新聞配達員のスケジュールとして2時頃に出勤し3時頃出発、帰社が5時半すぎくらいのタイムスケジュールです。

寝不足も薄毛の原因になる

では就寝は何時になるのかといった点ですが、人は大体21時くらいまでは自然と体が起きてしまうため、寝不足になりがちです。

寝不足になると精神状態が安定しなくなってしまい、ストレスを抱えやすい人になってしまうため、これも薄毛の原因となります。

新聞配達員は夜間作業がメインとなる仕事なので、それだけで髪の毛には悪い労働環境と言える仕事なのです。

建設業界は頭部に被るヘルメットが原因でハゲる

建設業界の仕事は基本的に毎日仕事中はヘルメットを被っているのが当然であり、街中で見かけても皆被っているイメージがあると思います。

蒸れが薄毛の原因になる

このヘルメットですが、髪の毛には非常に良くないものであり、その理由として髪の毛が蒸れてしまうからなのです。

また、その蒸れた状態を長時間維持し続けるのが最も問題であり、髪の菌の繁殖を促進させてしまうのです。

建設業の仕事柄、肉体労働がメインであるため汗をかく量も尋常ではない程の汗をかくのが毎日であり、髪の毛の蒸れもシャワーを浴びた後のような状態になります。

頭皮環境が悪化しやすいため薄毛になりやすい

このような状態を毎日続けると、菌が繁殖しやすい状態になってしまうため、頭皮が悪化してしまう他、埃などで汚れがつきやすい環境もあいまって抜け毛が起きるといったこともあります。

以上のことから、建設業界はかなりハードな仕事のため汗をかく量が多く、その環境下の中でヘルメットをかぶる為、髪が傷みやすい仕事と言えるでしょう。

意外な職種、WEB業界は頭を悩ませるためストレス大

タイトル通り、WEB業界の仕事は基本的に1日パソコンと向き合う仕事のため、体を動かさない仕事と言えます。

ストレスが薄毛の原因になる

WEB業界の中で、WEBデザイナーやプログラマーといった制作の仕事はかなりストレスを抱えると言われています。

制作の仕事はお客様の知識と営業の知識、制作の知識の3つから仕事が進んでいきますが、営業とお客様の話が噛み合っていないと、そのしわ寄せが制作者に向けられます。

こういったことから、連日深夜まで残らされる他にも休日出勤といったことがあり、ストレスを溜めやすい職業と言われています。

薄毛にとってストレスは天敵であり、通常であれば人はストレスが溜まると交感神経が活発に働いて脈拍が高くなり、多くの血液を体に流すことでストレス耐性をしています。

ところがこれが慢性的になると、常に血管が収縮されるため、血行不良になりやすく髪の毛に栄養が行き渡りにくくなるため、職業柄から慢性的にストレスが溜まるWEB業界はハゲになりやすいと言えます。

まとめ

新聞配達員の夜間作業以外に、被り物をして仕事をする建設業やストレスが溜まりやすいWEB業界は髪の毛にとって良くない労働環境でした。

こういった仕事はそれが毎日のように行われることが一番の問題であるため、あまり長くできる仕事ではないようです。
結果的にハゲを促進することばかりですので、できれば早めの転職が望ましいでしょう。

また、髪の毛とは歳を重ねるにつれて成長速度や髪の修復度も下がってくるため、歳をとってからこういった職業に転職することもあまりオススメできない業界です。


関連記事


ランキング