ヘアケアに最適な育毛ブラシの正しい使い方と選び方

育毛のために育毛のブラシというものがあり、これの目的は血行促進効果をもたらすために使用されるブラシがあります。
手軽に試せる他に、育毛剤と併用して使用することでより効果を高めたいという時に使えるブラシなのです。

育毛ブラシは髪の毛が栄養不足によって薄毛になっていることを防ぐために、ブラシを使用してマッサージを行い、頭皮に刺激を与えて血行を良くしていきます。

この育毛ブラシですが、ただ単純にブラシを頭に当てて行えば血行がよくなるということではございません。

これからブラシの掛け方のコツやブラシの選び方についてご説明しますので、ご参考にしていきただき、育毛に精をだしていただければと思います。

育毛ブラシの選ぶポイントは3つ

育毛ブラシですが、物によっては先端が角ばったようなものや素材が固いものがあり、それらを使用するとかえって頭皮を傷つけてしまいます。

頭皮に負担をかけない材質を選ぶ

ですので、選ぶポイントは

  • 素材が柔らかくて
  • 先端がとがっておらず
  • クッション性のあるもの

がオススメです。

まず、柔らかい素材ですが木の素材が特にオススメであり、静電気が発生しないブラシとして、使いやすさがあります。

また、多少強くマッサージしても木は頭皮に優しいため、頭皮を傷つけることがないため安心です。
プラスチック製のものは先端が尖っているものが多いため、あまりおすすめはできません。

人の頭には神経が多く張り巡らされているため、ちょっとした刺激に敏感であり実際に、頭をマッサージし始めると気持ちよくてつい力強くブラッシングしてしまう場合があります。

そんな時にクッション性のあるブラシであれば、頭皮を傷つけずに済むため、万が一強く行なっても問題はありません。

ブラッシングのコツ

ここではブラッシングする時のコツについてご説明していきます。

保湿をしてからブラッシング

まず、ブラッシングする前に髪がパサついているようなら、水で髪を多少湿らせるかヘアクリームなどで保湿を行いましょう。

保湿を行なってから行えばブラシが髪にひっかかることもないため、スムーズにブラッシングを行えます。

少しずつブラッシングする

次に毛先のほぐれをブラシで流しながら行なっていく必要があり、根元にいきなりいれて無理に引っ張ると切れ毛が生じたり毛根にダメージを与えてしまいます。

その後から徐々に根本に向けてブラッシングしていきますが、基本的に抜け毛を最小限に抑えるためにゆっくり行いましょう。

焦ってブラッシングを行うと抜け毛だけでなく、ほぐれ切れていない髪にダメージを与えてしまいます。

最後に根元から毛先まで髪の流れに沿ってブラッシングしていき、頭皮に強く当てないようにしていきます。

ブラシは清潔に保っておくこと

ブラシは本来は清潔に保っておく必要があり、ブラシをした後にそのまま放置しておくと髪の汚れなどがブラシに付着したままになっています。

使用後は洗うことが大事

また、放置している間に菌などが繁殖している可能性があるため、基本的には一度使用したら洗うようにしましょう。

ブラシを洗うという習慣がある人はあまり多くは無いと思いますが、汚れたままの状態で次に使用すると、髪の毛や頭皮にその汚れや菌ががついてしまいます。

菌が頭皮に到達すると荒れたり被れたりなどのトラブルを引き起こす可能性があるため、ブラシは清潔に保っておくことがいいでしょう。

髪の毛のマッサージのために行うブラシが、髪の毛を傷める為に行なっては意味がないので、必ず使用毎に洗浄しましょう。

まとめ

育毛ブラシは頭皮をマッサージして血行促進を行い、育毛効果を促す役割があり手軽にできるためヘアケアとしても活用できます。
ブラシは多くの種類がございますので、頭皮を傷つけないということを前提において選ぶ必要があります。

また、ブラッシングをする際も髪と頭皮を労わりながら優しく毛先から順にブラシをかけていき、マッサージを行います。

事前にトリートメントを塗っておくことでブラシがスムーズに行えるため、そういった工夫をして労わるのもありです。

ブラシを使ったらそのままの人がいますが、ブラシは使用毎に洗うようにし、常に清潔な状態を保っていないと次に使う時に髪や頭皮に菌が移ってしまうので、きちんと洗浄しましょう。


関連記事


ランキング