育毛中の男性におすすめ!ヘアケア効果を発揮するセラミド

髪の毛の薄毛の原因にはセラミド不足が原因と言われており、頭皮や髪の毛に潤いがなくなってきていると言われています。

天然のセラミドは潤い成分が豊富であり、ヒアルロン酸と同様に肌に潤いをしっかりと補充してくれる他、保湿も行ってくれます。

しかし、セラミドとは加齢と共に減少していく傾向にあり、頭皮に関しては肌よりも角質層の水分量が少ないため、減少しやすいのです。

そのため、頭皮は乾燥しやすい状態になってしまい、結果的に薄毛や抜け毛の原因にはなってしまうのです。
ここではそんなセラミドについての詳細や補充の仕方、育毛などの改善方法についてご説明していきます。

セラミドとは一体何?髪の毛との関係性について

セラミドは人間の細胞間に存在しており、水分や油分を抱え込んでいる細胞間脂質のことを言います。

肌や髪の毛の潤いにはこういったセラミドが深く関わっており、 細胞間脂質の主成分にあたり細胞の50%を占めています。

セラミド不足で適度な水分が失われてしまう

このようにセラミドとは体の水分や油分を抱えており、肌や頭皮の保湿に大きく影響していますが、実は年齢と共に減少していきます。

また、環境や天候などにもよって減少するスピードが変わってくるため、いずれは水分が無くなっていくのです。

そのような状態になると、肌がカサカサの状態になってしまうので、乾燥肌や荒れ肌になってしまうのです。

乾燥肌になると頭皮が荒れてしまい、皮脂の過剰分泌などから毛穴が塞がってしまったり髪に潤いがなくダメージを受けやすい髪になってしまいます。

セラミドを補充して頭皮の乾燥を守る

先程も述べた通り、セラミドとは加齢や生活環境によって年々減少していくため、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

このセラミドは化粧品などに含まれている製品がありますので、外部から水分や油分を補充していき、潤いのある肌を作ります。

セラミド配合のサプリメントもありますが、セラミドは口から摂取しても体内で脂肪酸とグリセリンによって分解されてしまうため、意味がありません。

セラミドと相性の良い成分

セラミド配合の化粧品を選ぶ際のポイントとして、リン酸型タイプのビタミンC誘導体を含む化粧水が理想です。

ビタミンC型誘導体は肌の潤いを行ってくれるだけでなく、シミやタルミといった肌の老化を予防してくれる効果があります。

以上のことから、男性であってもセラミド配合の化粧水はつけるべきであり、頭皮や肌の潤いを外部から補充することができるのです。

セラミドを守る方法とは。減少スピードを遅くして育毛促進

ドライヤーの使い方に注意

まず、セラミドを守る中で最も行ってはいけないのが、ドライヤーを長時間頭に当て続けることです。
ドライヤーの熱と強い風は頭皮の水分や油分を短時間で吹き飛ばしてしまうため、あっという間に頭皮が乾燥してしまいます。

ストレスも悪い影響を与える原因

また、ストレスを溜めてしまうと自律神経に狂いが生じ始め、毛細血管が縮まってしまい、頭部に栄養が行きにくくなります。

その状態が続くと、抜け毛や髪の毛の成長に大きな影響を及ぼしてしまうため、結果的にセラミドを失ってしまうことになってしまいます。

上記内容を意識することでセラミドが守られ、肌や頭皮の潤いが守られ、皮脂のベタつきやフケなどの症状が深刻になります。

セラミドを減少させないようにすることで、頭皮や髪の毛に潤いを残すことができるため、頭皮の荒れや髪の毛のキューティクルの剥がれを防ぐことができるのです。

まとめ

肌や頭皮の保湿にはセラミドが深く関わっており、加齢や生活環境によって徐々に減少してしまう細胞なのです。

セラミドが体内から無くなると乾燥肌になってしまい、肌が傷つきやすくなる他、頭皮では薄毛やハゲの原因になってしまうのです。

また、それだけでなく髪の毛にもダメージを与えてしまうため、セラミドは体にとって大変必要なものなのです。

セラミドは化粧品から補充することができるため、肌が乾燥しているなと感じている方はセラミドを補充してあげましょう。

日常生活においてもドライヤーの仕方などを少し工夫するだけで、セラミドの減少を防ぐことができますので、体の潤いは大事にしましょう。


関連記事


ランキング