整髪料を使ってもハゲないようにするヘアケア対策

整髪料をつけると将来はげになるといった噂を誰しも1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

確かに整髪料は髪の毛を傷ませてしまう直接的な要因であるため、ヘアダメージや薄毛の原因となってしまうのは事実なようです。

しかし我々の日常から整髪料をつけない訳にもいかず、身だしなみや清潔感を求められることが多いのでつけない訳にはいきません。

特に社会人の方は会社の目やお客様の目があるため、髪の毛を整えるのも仕事のうちの1つと言ってもいいでしょう。

では整髪料をつけながらもハゲないようにするにはどうしたら良いのかについて原因や方法についてご説明していきます。

ワックスなどのハゲる原因は3つ

1つ目は整髪料の多くに含まれている界面活性剤という成分が原因であり、これは髪の毛にダメージを与えてしまう成分になります。

短時間であれば特に問題はありませんが、長時間つけているとだんだん整髪料が落ちていきやがて頭皮に付着し、頭皮環境を悪化させてしまいます。

2つ目はこの頭皮に付着した整髪料が毛穴を塞いでしまい、皮脂が外にでられず、髪に栄養が行き渡らなくなり、薄毛となってしまうのです。

整髪料を付ける際、根元から立たせようとするのでどうしても頭皮に整髪料がくっついてしまいますがこれが原因となってしまうのです。

3つ目は、過度にシャンプーを行なってしまい、髪の毛に必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮が乾燥状態になってしまうのです。

乾燥状態が続くと、皮脂が過剰分泌してしまい毛穴に皮脂が溜まってしまい、2つ目と同じような状態になってしまうのです。

整髪料をつけてもハゲない方法その1、整髪料を抑えつつ、何度も使用しない

上記の原因にあった通り、整髪料を長時間つけていると、段々と整髪料がとれていき、頭皮に付着してしまいます。

ですから、まずは整髪料の量を抑え、整髪する際も根元付近にはつけないようにすることで髪や頭皮へのダメージを押さえることができます。

整髪料が頭皮環境を悪化させる一因になる

頭皮に直接触れてしまうと、整髪量が毛穴を塞いでしまうリスクがあり、毛穴が塞がれると栄養が髪に行き渡らなくなってしまうので避けましょう。

整髪料は決して髪の毛に優しいものではありませんので、長時間つけることを避けるのも1つの方法です。

また、1日に何度も整髪料を使い、その度にシャンプーで洗うと皮脂の過剰分泌を促してしまうのでやめましょう。

整髪料をつけてもハゲない方法その2、アミノ酸シャンプーで髪を洗う

シャンプーには種類があり、アミノ酸系や石鹸系、高級アルコール系の3種類あり、実は界面活性剤が含まれています。

この中でアミノ酸系のシャンプーは髪や頭皮と同じで弱酸性なので、低刺激であり、必要以上に皮脂を落とすことがないのです。

アミノ酸シャンプーは頭皮環境改善に役立つ

つまり、1日に2、3回程度であればシャンプーを連続して行なっても皮脂が落ちきることはないので、頭皮に潤いを残すことができます。

それでも整髪料はしっかり落としてくれるので、1日に複数回の整髪を行う際はアミノ酸シャンプーを使用して頭皮や髪の毛を守りましょう。

また、アミノ酸シャンプーはヘアケアとしても最適であり、髪の毛のダメージの補修やアミノ酸の補充も行うことができます。

まとめ

整髪料は社会人だけでなく、大人になれば誰しもがほぼ毎日つけなければならないものですが、ハゲる原因になってしまいます。

したがって、整髪料をつけながらもハゲていかないように日常から工夫していかなければなりません。
まずは、日頃の整髪料を減らすことから始めていき、髪の毛の根元までつけないようにしましょう。

また、長時間つけているのも髪の毛の負担になってしまうため、なるべく帰宅したらすぐに落とすことが望ましいです。
整髪料は時間が経過するごとに落ちてしまい、毛穴を塞いでしまう原因になりますので注意しましょう。

1日に何度も整髪を行う際は、シャンプーをアミノ酸系の物に変更し、なるべく髪の毛をいたわってあげましょう。


関連記事


ランキング