ヘアオイルは女性用だけじゃない?薄毛男性におすすめのヘアケア方法

ヘアオイルと聞くとイメージとしては女性がつけるものであり、男性がつけているイメージは無いと思っている方もいらっしゃるでしょう。

基本的に男性がケア用品を使用するというのは確かにあまりイメージが無いのかもしれません。
しかし、薄毛や抜け毛で悩んでいらっしゃる男性の場合は、ヘアケアを行うことで育毛にも繋がることをご存知でしょうか?

ヘアケアをしっかり行うということは髪の毛や頭皮環境を良くすることに繋がりますので、結果的に育毛効果が現れるのです。

今回は男性に向けたヘアケア方法やヘアオイルについて、どういったものなのかそれぞれの内容をご紹介していきます。

ヘアオイルの役割と効果とは

ヘアオイルは名前の通り髪の毛のオイルであり、髪に水分を補給するほかに保湿する効果があり、髪にとってメリットが多いのです。

したがって、>髪のダメージを補修するだけでなく水分を補給することにより、髪にまとまりができ、清潔感を与えるヘアオイルは保湿効果を高める

水分を補給するだけであればトリートメントでも行えますが、保湿効果がないため、すぐに蒸発してしまいます。

つまり、トリートメントとヘアオイルで2重に水分を髪に補給させた後、オイルの油分で蒸発を防いで保湿をするとより良いです。

オイルをつけることにより、ドライヤーの熱や髪同士の摩擦から守ってくれる効果があるほか、保湿により乾燥から髪を守ってくれる効果があります。

基本的にヘアオイルにはこのような役割があり、髪への水分補給と保湿を行い外的要因から髪を守る効果があります。

ヘアオイルで髪の毛を清潔・艶やかに

ヘアオイルはキューティクルが開いた状態で傷ついた髪の毛を補修してくれるほかに、油分を含んでいるため髪にツヤがでます。

傷んだ場所にオイルを塗るだけで驚くほど髪がさらさらになり、指がすんなり通るようになります。

男性にも最適なヘアケア用品

冬場の季節は空気が乾燥しはじめるため、髪が傷みやすい季節となりますが、そういったタイミングでヘアオイルは活躍します。

また、ヘアオイルは保湿効果もあるため、乾燥した髪の毛に潤いを与えて水分を長持ちさせる効果もあるのです。
そのため、髪の毛のツヤも長時間キープできるため、見た目もさらりとした感じに仕上げることができます。

男性の方では、長髪の方やパーマで傷んだ毛先につける人が多いそうです。

男の髪の毛はシャンプーでヘアケア

薄毛で悩む男性は特に重要視したいのが、シャンプーを行う時ですが、実はシャンプーには正しい方法があるのです。
シャンプーは髪に直接当たるため、正しい方法を知らなければかえって髪を傷つけてしまいます。

正しいシャンプーも合わせて行なう

シャンプーの正しい方法ですが、まず行う前に念入りに予洗いをしておくことが重要です。

予荒いとは、ぬるま湯で充分に髪の毛を洗うことですが、この工程だけで髪の8割の汚れは落とせると言われています。

充分に予洗いを行えばシャンプーも最低限の量で済むため、髪に余計な刺激を与えなくて済みます。
シャンプーは液体を直接頭につけるのではなく、手のひらの上でしっかり泡立ててから髪につけましょう。

髪に直接シャンプーをつけると、最初に髪に付着した部分は刺激がもろに髪にあたってしまうため、髪や頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

最後に、洗い残しが無いように入念にすすぐだけでヘアケアに繋がってくるのです。

まとめ

ヘアケアは男性も行うべきであり、特に男性はAGAといった特有の髪の病気がありますので、日頃からの手入れが重要になっていきます。

ヘアオイルは髪を綺麗に保つだけでなく、髪を傷つける様々な外的要因から髪を守ってくれるので男性の方でもしっかりとつけましょう。

オイルを塗ることで髪を守るだけでなく、見た目の清潔感もだすことができるためお得です。
また、男性のヘアケアといえばシャンプーはかかせないため、こちらも正しい方法で髪を洗いケアしていきましょう。

髪の毛はある意味一生ものですので、オイルやシャンプーでしっかりとヘアケアをしていき、健康な髪の毛を育毛しましょう。


関連記事


ランキング