育毛時のヘアケアに最適な湯シャンの効果と正しいやり方

40代、50代の年齢になると、加齢と共に薄毛や抜け毛が目立ち始め気になってくる人も多いのではないでしょうか?

近年では中年の方だけでなく、若者にもハゲになってしまう人もおり、年齢問わず育毛を行っていることでしょう。

実は、薄毛などの原因がシャンプーやリンスにあると言われ始めており、タモリさんや福山雅治さんを始めYOUさんも湯シャンを行っていると言います。

シャンプーやリンスを使わないと頭の匂いや汚れが落とせないのではと思う方もいらっしゃるかと思いますが、実は湯シャンは地肌にとてもいいのです。

では湯シャンとは一体どんなもので、どういった効果があるのかなどについてご説明していきます。

湯シャンが地肌にいいと言われる理由

洗浄力の高いシャンプーはNG!

まず、シャンプーやリンスにはその洗浄力から髪や頭皮に強い刺激を与えてしまうものであるとご存知でしょうか?

その刺激から髪や頭皮に対してかえってダメージを与えてしまうほか、皮脂を必要以上に落としてしまう恐れがあるのです。

これが原因で皮脂が過剰分泌されてしまい、皮脂が毛穴に詰まって髪の毛が成長しなくなるほか、油分が多すぎるため、菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。

お湯だけで汚れを落とせて皮脂も残せる

湯シャンのメリットはこういったことを引き起こすことがないため、地肌に優しいと言われているのです。

また、ぬるま湯のお湯でも入念に髪を洗えばシャンプーが無くともほとんどの汚れを落とすことができます。

これに加えて、入浴前にブラッシングを行えば更に汚れが落とせるため、人間の本来の頭部の状態を作ることができるのです。

実は一定の温度でシャンプーと同等の洗浄ができる

シャワーの温度についてですが、40度を超えるとシャンプーと同等の洗浄効果があると言われています。

また、38~40度までの温度は髪や頭皮を洗浄しながら刺激を与えにくい温度であり、シャンプーが無くても充分汚れを落とすことができます。

湯シャンは育毛環境を整えることができる

シャンプーを使用しないため、余計な刺激を与えなくて済むため頭皮が分厚くなり、毛が深く根をはれるようになっていきます。

湯シャンを続けると頭皮や髪に必要な油分や保湿成分が洗い流されないため、皮脂分泌に使われた栄養が髪へ回されるのです。

髪に栄養が回る分、しっかりとコシのある髪の毛へと成長していき、1本1本が太く強い髪の毛になるのです。

つまり、育毛としても効果があるため、湯シャンは様々な人から支持されているのです。

湯シャンを始めるタイミング

湯シャンを始めたばかりの頃はいきなり上記のような効果を得られることは無く、むしろベタつきや臭いが多少気になり始めると言われています。

シャンプーやリンスには油分を落とし、いい匂いを髪に与える効果があるため、これを止めた場合は仕方が無いことなのです。

よって、湯シャンを始めるタイミングに適しているのは、汗などをかきやすい夏よりも冬のほうが適していると言えるでしょう。

タイミングを間違えないように気をつける

また、いきなりシャンプーを止めるのではなく、徐々にシャンプーの使用量を減らしていき、頭部に湯シャンを馴染ませていく必要があります。

ただ、冬の場合にぬるま湯だけ浴びてでてしまうと体がしっかりと暖まらない場合がありますので、その際はしっかりお風呂で体を温める必要があります。

汗をかきにくい冬場に少しずつ行うことで、夏場でも湯シャンのみで洗浄できる状態になっているのがベストですね。

まとめ

上記のことから、シャンプーやリンスを使用しないことで、実は頭皮や髪に様々なメリットがありました。
結論から言ってしまえば、メリットの方が多いことは確かですが、始めたばかりの頃は臭いなどのデメリットもあります。

しかし、始めるタイミングを見計らい、徐々に湯シャンにシフトしていくことで髪や頭皮を本来の形に戻すことができるのです。

また、湯シャンにより育毛効果もあるため、薄毛に悩んでいる人にはうってつけの育毛方法とも言えるでしょう。
湯シャンの効果はある意味、様々な著名人のお墨付きもあるため、是非取り組んでみて下さい。


関連記事


ランキング