タバコの影響で薄毛に!ヘアケアで改善させる方法

タバコというのは百害あって一利なしと言われているほど健康には不適切な嗜好品であり、発ガン性の高い製品です。
それ以外にも血管や自律神経に悪影響を及ぼし、血流の阻害や神経異常などが引き起こされる場合があります。

また、髪の毛においても汗や皮脂が分泌されて毛穴を詰まらせてしまい、毛の成長を阻害してしまう恐れがあるのです。

タバコは髪の毛にとって多大な影響を実は及ぼしており、血流の阻害が起きることで髪の毛に必要な栄養や酸素が回りにくくなってしまいます

今回はニコチンによる髪の毛や頭皮への影響についてとヘアケア方法、それから薄毛対策についてご説明していきます。

ニコチンを摂取し続けるとハゲになる!?

ニコチンの影響は血管の収縮や血流の阻害といった作用を及ぼすため、頭皮への血行不良になり栄養不足や水分も髪の毛に行き渡りにくくなります。

栄養不足が髪の毛の成長を阻害する

栄養は人が生きていくために必要なことから順に体に回っていくため、血流低下になると髪の毛や頭皮への栄養供給は後回しにされてしまいます。

栄養が供給されなければ、当然ながら髪の毛の成長は止まってしまうほか、細胞も弱体化してしまうため、結果的に薄毛や抜け毛といった原因になります。

せっかく食事で補った栄養もニコチンによって全てが台無しになってしまい、ビタミンやたんぱく質といった栄養も髪に届かなくなります。

そうなると、髪の発毛にも影響を及ぼしてしまい、1本1本が弱くコシがない髪の毛になってしまいます。

タバコはやめれないからその分栄養を補給しようということではなく、喫煙を抑えることによって体の健康を一から直していく必要があるのです。

喫煙者の薄毛対策とは

薄毛を改善するにあたって、正直なことを言えばタバコを止めることが一番手っ取り早い方法となります。

食事やサプリメントで栄養を補給し、シャンプーなどにも気を遣っていてもタバコを吸っていては何も意味がありません。

むしろタバコを吸い続けている以上、栄養などはタバコが消してしまい全てが無駄になってしまうのです。

まず薄毛対策に必要なのが禁煙

タバコの習慣そのものを根絶しなければ、髪の毛だけでなく体の健康全てが悪影響のループから抜け出せないのです。

喫煙と薄毛は密接に関係しているため、まずは喫煙生活を終わらせることから始め、そこから様々な薄毛対策が有効になってくるのです。
喫煙者で薄毛に悩んでいる方は、まずは先にタバコを止めることが薄毛対策の第一歩となります。

喫煙者のヘアケア

喫煙者のヘアケアにあたってタバコを止めるのが一番早いのですが、そんな簡単にやめられたら苦労はしませんよね。

アミノ酸系シャンプーを上手に活用する

タバコによって髪の毛にかかせないアミノ酸が減少してしまい、これが不足すると髪の毛は弱体化してしまいます。

ですので、まずはアミノ酸系のシャンプーを使用して外からアミノ酸を補充していきましょう。

アミノ酸系のシャンプーは低刺激のため頭皮や髪の毛にも優しく、余計な皮脂を落とさないため、薄毛対策やヘアケアには必要なアイテムです。

マッサージや育毛剤で血行促進もおすすめ

タバコによって血行不良が引き起こされるため、マッサージによる血行促進や育毛剤を使用してヘアケアを行なっていきます。
喫煙者の場合はタバコだけで体が不健康になっているため、ヘアケアも毎日のように行う必要があるでしょう。

まとめ

タバコを吸い続けることで、血流低下による栄養供給不足や体温低下など体にとっては不健康そのものになります。

一番良いのは禁煙することですが、タバコというのは簡単にはやめられないものなので、日々のヘアケアが重要になります。

まずは髪の成長に最も適したアミノ酸をシャンプーなどで補うことで、髪の成長を促進させましょう。
アミノ酸シャンプーは、髪や頭皮に低刺激かつ、洗浄力もちゃんとしているので、髪にはいいことづくし間違いなしです。

また、タバコによって起こる血流低下は、頭部のマッサージを行うことで多少は解決できるので、必ず行うようにしましょう。

以上がまとめになりますが、やはりタバコは体にとって良くないことばかりですので、禁煙することをおすすめします。


関連記事


ランキング