ヘアケアや育毛におすすめの食事とは?食べたいメニューや避けたい食材

夏場になると紫外線が強くなり、髪の毛の潤いが一気にとばされてしまうため、パサパサになり、傷みやすくなってしまいます。

髪の毛のパサつきを治すのにみなさんはシャンプーやトリートメントを使用して潤いを与えている人も多いでしょう。

しかし、ヘアケアは何もシャンプーなどの外部からだけでなく、食事から潤いなどを補うことができます。

むしろ日々の食生活においてバランスよく栄養を摂取していれば、シャンプーだけでも充分なのです。

ここではヘアケアにおすすめな食事や、食についてのポイント、そして逆に摂取しないほうがよい食材などについてご説明していきます。

食についてのポイントとは

まず、髪の毛とは体と一緒で食事から摂取される栄養によって成長していくため、食事が偏ると成長スピードが遅くなります。

食の乱れが髪の毛の成長に悪影響を与える

現在、日本では食の欧米化が問題視されており、ファーストフードや外食ばかりといった生活をしている人が増えてきています。

すなわち、偏った栄養ばかり摂取されてしまっているため、健康面では非常に問題になっているのです。

また、食生活の乱れも同時に問題視されており、朝食を摂らない人の増加やダイエットによる過剰な食事制限を行う人もいます。

栄養バランスの取れた食事を心がける

食べることは生きることであり、髪の毛の成長のためにもバランスの良い栄養摂取が必要ですので、1日3食は必ず摂るようにしましょう。

食事に関してもただ3食摂るのではなく、栄養を考えてバランスのよい食生活を続けることによって、髪の毛の成長にも繋がってきます。

ヘアケアにおすすめな食事

髪の毛に最も必要な栄養はタンパク質であり、厳密にいうとそれを構成しているアミノ酸が主成分になります。

したがって、ヘアケア効果を意識するのであればアミノ酸を積極的に摂取することが大事になってきます。

アミノ酸を豊富に含んでいる食材は、肉類や魚、卵や大豆などであり、比較的日常でよく口にする食材に含まれています。

ところが、肉や卵は加熱調理を行うとアミノ酸の吸収率を下げてしまう場合があるため、加熱のしすぎには注意が必要です。

ヘアケアにおすすめの食材とは

食材の中で特に髪の毛の成長に一役かう食材はとり胸肉や豆乳、マグロの赤身や豚ロースなどになります。
これらの食材を定期的に摂取することで髪の毛のヘアケア効果に繋がっていき、内部から潤いを与えることができるのです。

髪の毛によくない食材とは

薄毛やハゲの原因には皮脂の過剰分泌が原因で毛穴に皮脂が固まってしまい、新しい髪の毛が生えてこないということがあります。

この皮脂の過剰分泌という点ですが、これは肉中心の生活やカロリーの高い食べ物、また、糖分の過剰摂取などが原因で引き起こる場合があります。

油分の多い食材例

先ほど、おすすめの食事で肉類はタンパク質を含むため摂取したほうが良いというご説明をしましたが、摂取のしすぎはかえって頭皮の油分を増加させてしまいます。

また、脂っこい食事の代表例として天ぷらやカツどん、とんかつなどは同じく油分が多く含まれているため、皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。

糖分の多い食材例

糖分の多い食べ物とは一例ですとケーキやチョコレートなど加工して甘くなっている食べ物は糖分を多めに使用されているので注意しましょう。

こちらも同じく、糖分を摂取しすぎると皮脂の過剰分泌に繋がってしまうため、バランスを考えて食事をするべきなのです。

まとめ

食事とは、体を支えるためにかかせないものであり、髪の毛も例外ではなく日々の食事から成り立っています。
偏った食生活を続けていることで必要な栄養が摂取されず、髪の毛の成長を阻害してしまうのです。

また、大体の人がおいしいと感じる肉類や甘いものは基本的には髪の毛に優しくないので、注意が必要です。

とはいっても人間誰しもおいしいものは食べたいと思うものですので、時折食べる程度であればそこまで問題にはなりません

栄養をのある食材をバランスよく摂取し、ヘアケアを食事から行ってみてはいかがでしょうか?


関連記事


ランキング