頭皮の臭いが気になる男性におすすめのヘアケア

しっかりとシャンプーをして、朝と夜の両方洗っていて尚且つ指の腹で洗ってお湯で洗ってからシャンプーもしてるのに頭が臭いなんて経験がある人もいるでしょう。

頭の臭いの原因はいくつか理由がありますが、シャンプーやトリートメントなどの洗い残しによる菌の増殖や皮脂の酸化による活性酸素の増加などが主な理由です。

一度臭いが発生すると中々臭いがとれずに、周りの目が気になってしまい、それがストレスになってまた臭いが増加してしまうといった負のスパイラルにハマってしまいます。

臭いが気になり始めたら早めに対策をとらないと、周りの方の迷惑になるほか、自分へのストレスが止まらなくなってしまいます。
今回の記事では、髪の毛の臭いが気になり始めた時のヘアケア方法についてご紹介していきます。

洗い残し対策、クレンジングオイル

冒頭でも少し説明した通り、頭の臭いの原因がシャンプーなどの洗い残しによるものとご説明しました。
ですので、洗い残しを無くすことが一番よいのですが、洗い残しの有無は自分では中々分からないものです。

このような状況を打破するのに、皮脂などの油を浮かして汚れを落ちやすくする頭皮のクレンジングオイルがおすすめです。

シャンプーやトリートメントも油分が含まれており、それが酸化して菌が繁殖してしまうため、油分を取り除く必要があります。

正しいクレンジングオイルの使い方

シャンプー同様に髪の毛をブラッシングして汚れを軽く落としたら、乾いた髪にオイルをつけていきます。

頭皮に馴染ませるようにつけていくのがポイントであり、最後に指の腹でマッサージしながらつければ毛穴に詰まった皮脂などを浮かせやすくなります。

正しいシャンプー方法を身につけよう

シャンプーはヘアケアにおいて大事なポイントとなりますのでやはり外せないところです。

シャンプー前の準備

まず、シャンプーを行う前にしっかりブラッシングを行い、フケや汚れをとる他に、髪同士の絡まりを無くし、洗髪の際の摩擦を減らします。

シャワーを頭にかける際は、ぬるめの温度に設定して髪の毛全体を洗い流すように頭にぬるま湯をかけていきます。

シャンプーのやり方

その後、シャンプーをしていくわけですが、髪の毛につけるまえに手のひらで充分に泡立ててから髪につけていきます。

直接髪の毛につけてしまうと刺激が強いため、頭皮を傷つけてしまう可能性があるため、気をつけましょう。

最後に、シャンプーを洗い流しますが、なるべくシャワーを頭に近づけて流していき、ぬるま湯が髪の毛全てに当たるようにします。

以上がシャンプーの正しい方法ですが、ワンポイントとしてシャンプーは保湿成分が配合されているものを使用するとヘアケア効果が高まります。

生活習慣の見直しは健康への第一歩

体の全ての健康に言えることですが、生活習慣の乱れは体に悪影響を及ぼし、髪の毛や頭も例外ではありません。

例えば偏った食生活を続けていると、体へ蓄えられる栄養も偏ってしまうため、体に異常をきたしてしまいます。

また、ストレスを溜める生活が続くと体内に活性酸素が溜まってしまい、頭だけでなく体全体から体臭を放つようになってしまいます。

正しい生活習慣の見直し方

まずは食生活から見直していき、栄養バランスのとれた食事を摂るように心がけていき、どうしても不足しがちな栄養はサプリメントで補うのも有りです。

ストレスに関しては、自分なりのストレス発散方法を見つけ出し、なるべくストレスを溜めないことが大事です。

髪の毛のヘアケアにおいて、体を健康に保つことも1つのヘアケアであり、特に上記2点は髪の毛に間接的に関わってきますので、日常から意識して改善していきましょう。

まとめ

頭の臭いの原因がシャンプーなどの洗い残しによる菌の増殖と活性酸素が原因で臭いを放つため、シャンプー丁寧に行っただけでは臭いはとれません。

原因をしっかりと把握し、それに対する対策を身につける必要があり、その方法をご紹介しました。
まずは洗い残し対策として、油分を浮かせて汚れを落とすクレンジングオイルで髪の毛を綺麗にすることです。

次に、根本的にちゃんと洗髪するようにシャンプーの正しい手順についてご説明し、ヘアケアを行うと同時に洗い残しを無くす洗い方を行いましょう。

最後に活性酸素については、日頃のストレスや栄養の偏りが原因なので、日常生活の見直しがどれだけ重要かについてご説明致しました。

髪の毛の臭いは一度ついたら中々とれませんが、放置しておくと悪化していくだけですので、早めの対策を行いましょう。


関連記事


ランキング