帽子やヘルメットの蒸れでハゲやすい!正しいヘアケアの対処法

夏場になると熱中症対策で帽子を被ったり、工事現場などの仕事の人は常にヘルメットを被ることがあるかと思います。

そこで気になるのが、帽子やヘルメットを被っていると汗でハゲるといった話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

ある意味都市伝説的になっているこの話ですが、これは帽子やヘルメットを被っていると汗が蒸発できずに、菌が繁殖してしまうためなのです。

ですが、一概に被っているからハゲになるという訳でもなく、正しい被り方やしっかりとしたヘアケアを行うことで防げるのです。

今回は、上記の都市伝説を詳しく説明した上で、蒸れてしまった髪の毛に対してのヘアケア方法や帽子などの被り物をする時の注意点についてご説明します。

被りものをするとハゲるは半分は本当で半分は嘘

冒頭でも説明した通り、帽子やヘルメットを被り続けていると、髪や頭皮が蒸れて菌が繁殖してしまう恐れがあります。

また、被り物を締め付け過ぎると頭皮の血行を阻害してしまう恐れがあるため、こういったことからハゲてしまうと言われています。

帽子やヘルメットが薄毛の原因とは言い切れない理由

しかし、帽子やヘルメットも被り方次第では紫外線から頭皮や髪の毛を守る最適なアイテムにもなります。
特に夏場は紫外線が強いため、直接頭皮に当たるとダメージをもろに受けてしまうことから、頭皮が傷みやすくなります。

本来は髪の毛が頭皮を守るのですが、薄毛に悩んでいる方や男性、髪が短い人などは紫外線を防ぎきれず、頭皮を傷めてしまいます。

帽子やヘルメットは紫外線から頭皮や髪の毛を守るためのツールとして有効であり、熱中症などの対策にもなるのです。

帽子やヘルメットなどの被り物時の注意点

帽子やヘルメットは正しい被り方をしなければ、蒸れてしまい菌が繁殖してしまう他、血行を悪くしてしまう恐れがあります。

被り物をする際は、まず、定期的に帽子やヘルメットをとって汗を蒸発させることで蒸れを防ぎ、菌の繁殖を抑えるといいでしょう。

サイズ調整を忘れずに!

また、帽子やヘルメットには頭の大きさに合わせてサイズを調節できますが、あまり締めつき過ぎないようにしましょう。
帽子に限っての話ですが、夏場は特に蒸れにくい素材の帽子を被ることで蒸れを抑えることもできます。

冬場の対策も大事

それから、頭皮や髪の毛のダメージは紫外線だけでなく冬場の乾燥した冷風も頭皮にとっては良くはなく、血管を収縮させてしまう恐れがあります。

冬場の場合も同様に帽子などで冷風や乾燥から髪や頭皮を守る必要があり、育毛にとっては重要なポイントになるのです。

傷んだ髪の毛や頭皮はヘアケアで対処

夏場の紫外線や湿気、冬場の冷風や乾燥などによって我々の髪の毛や頭皮は知らぬ間にダメージを蓄積している場合があります。

ですから、ヘアケアをしっかりと行い、日々の生活によるダメージから髪の毛や頭皮を守ってあげましょう。

外出時のヘアケア

まず、外出時ですがやはり帽子を被ることが一番であり、蒸れを気にする場合は適度にとって汗で蒸れないようにしましょう。

また、極力日陰を歩くことによって紫外線対策ができる他、夏場であれば熱中症対策にもなります。
それ以外の方法として、UVカットのスプレーを事前に頭にかけておくことで紫外線を防ぐことができるのです。

帰宅後のヘアケア

自宅ではアミノ酸系のシャンプーを使用して、極力髪や頭皮に刺激の弱いもので洗浄して上げるのが良いでしょう。

まとめ

夏場は紫外線が強く、湿気も多いため帽子やヘルメットを長時間着用しているとあっという間に髪の毛や頭皮が蒸れてしまいます。

また、冬場では冷たい風や乾燥した空気によりダメージを受けてしまい、髪が傷みやすくなる季節でもあります。
髪の毛や頭皮は非常にデリケートなため、日頃のヘアケアによって髪を守って上げる必要があります。

ダメージを受けた髪の毛や頭皮をそのままにしておくと、やがては薄毛やハゲになってしまう恐れがあるので注意が必要です。

帽子やヘルメットは、被り方によっては我々の髪や頭皮を守ってくれる優れものですので、正しい被り方を身につけましょう。


関連記事


ランキング