UVカット製品で紫外線から頭皮や髪の毛を守るヘアケア方法

紫外線とは体に様々な影響をもたらす効果があり、日光浴によってビタミンDを補給することができるのです。
そんな紫外線ですが、ほとんどの場合、体に害を及ぼす作用が働いてしまい、特に頭部は体の中で最も強く浴びる箇所と言われています。

頭部が紫外線を浴び続けると、頭皮が乾燥してしまう他に、肌の奥の細胞まで破壊してしまい、肌が老化していく光老化という現象が起きます。

特に夏場は年々紫外線が強くなっているため、薄毛などを気にされている方は紫外線による頭皮などのダメージを気にされたほうが良いでしょう。

ここでは、紫外線対策から頭皮や髪の毛を守るための方法や、具体的に紫外線を浴びると頭部はどうなってしまうのかといった内容についてご説明します。

UVカットのスプレーで紫外線から頭部を守る

UVカットのスプレーの中には、髪にも使用できるものがあるため、スプレーを頭部にかけて紫外線対策をすることができます。

女性用の商品でも男性におすすめ

基本的にUVカットスプレーは女性用のものが多いですが、決して男性が使えないという訳ではございません。

また、女性の場合は日傘をして紫外線を避けている方もいますが、男性で日傘というのはなんだか恥ずかしいものですよね。

スプレーであれば見た目ではわからないため、日傘など使用しなくてもさりげなく紫外線対策をすることができます。

また、匂いやべたつきといったこともないため、薄毛などで悩んでいる方でも安心して使用することができます。

市販のものであれば1000円前後とお値段も財布に優しく、すぐに試すことができる方法ですので、困った時にすぐ対策できるのが利点です。

それ以外のちょっとした紫外線対策

UVカット帽子を利用する

まず最初にご紹介したい方法が、UVカットの帽子を被ることです。
近年、紫外線を遮断する帽子が増加傾向にあり、普通の帽子と違って紫外線をかなりカットしてくれます

通常であれば帽子を被っていても紫外線は帽子をすり抜けて体に放射されるため、ただ汗で蒸れるだけという結果でしたが、UVカットは紫外線を遮断するのです。

分け目を変えるだけでもOK!

お次にご紹介する方法ですが、髪の毛の分け目を変えるだけで頭皮の紫外線対策になることをご存知でしたか?

いつも同じ分け目だと、一方のダメージが蓄積されてしまうため、定期的に分け目を変えることでダメージの蓄積を防ぐことができるのです。

髪の毛の分け目に関してはすぐに行える方法ですので、すぐに試して紫外線から頭皮を守りましょう。

UVカットの内服薬は頭皮のメリットに大きい

近年、紫外線対策により日焼け止めの内服薬が頭皮に大きなメリットを残すと言われ始めています。

手軽にUVカットできるのが嬉しい

そのメリットとは、内服薬のため、限られた時間やタイミングに飲むだけで紫外線から体を守る成分が豊富に含まれています。

塗るタイプのUVカット製品と違い、手がべたつく・洗い残しの心配といったデメリットもありません。
また、塗るタイプのものは汗や水分で効力が落ちてしまうため、何度も塗りなおすといったこともありません。

ただ飲むだけで体の内側から紫外線を守ってくれる他、口コミでも効果があったという声が多数あります。

髪や頭皮に負担をかけずにUVカットができるため、薄毛や抜け毛で悩んでいる方にオススメのUVカット方法です。

まとめ

紫外線とは人体に多大な影響をもたらす光線であり、やっかいなのが服や帽子をすり抜けて浴びてしまうというところです。

UVカットでさえ100%の紫外線をカットすることは難しいですが、近年の製品では90%以上カットするものも今となっては主流となっています。

ビタミンDを補給するという点では良いのかもしれませんが、デメリットのほうが多いため、夏場は特にUVカットしたほうが良いでしょう。

UVカットは外部からだけでなく、内服薬によって体の内側からも紫外線対策ができる時代となりました。
地球温暖化が進み、年々紫外線は強くなってきていますので、UVカットで紫外線から身を守っていきましょう。


関連記事


ランキング