薄毛の原因がAGAの男性におすすめできる育毛サロン

薄毛の原因の一つに、、AGA(男性型脱毛症)というものがあります。
最近はテレビCMやインターネット等様々なところで目にする機会が増えたため、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

このAGA、主な治療は専門のクリニックで行われることが大半です。
医師の診察のもと、内服薬や外用薬を使用して治療を行います。

しかし、薄毛の原因というのは自分では特定ができないため、育毛サロンかAGAクリニックか、どちらに行けばよいか分かりませんね。

サロンによっては、医師を置くことでAGA治療を行っているところもあります。

AGAになる原因って何?

さて、まずはAGAを発症する原因と、その仕組みを説明しましょう。

DHTが原因になる場合

最も大きな原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンです。
このDHTは、男性ホルモンの中にある遊離テストステロンが、酵素の5αリアクターゼによって変調をきたし生成されます。

そうすると健全なヘアサイクルに悪影響を及ぼし、なんと髪の成長期を終了させてしまうのです。
その結果、髪が育たず薄くなったり、育っていても途中で抜け落ちてしまったりして薄毛が目立つようになります。

遺伝が原因になる場合

次は、遺伝によるAGAの発症です。
少し難しい話になってしまいますが、上記のDHTが作用する男性ホルモン受容体遺伝子は、X染色体上に存在しています。

遺伝の影響を受けやすい方はこの受容体遺伝子とDHTが結びつくやすくなっているため、より強く影響を受けてしまうのです。

生活習慣が原因になる場合

最後に考えられる原因としては、やはり生活習慣が挙げられます。
睡眠不足であれば髪の成長ホルモンがうまく分泌されませんし、喫煙習慣があると血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。

アルコールを過剰に摂取すると、髪を作る栄養素がアルコールの分解に回されてしまうため、髪が育ちません。
このように、直接関係が無い様に見えても、悪い生活習慣はダイレクトに頭皮へダメージを与えます。

AGAは育毛サロンでは治らない?

AGAの根本的な解決は、育毛サロンでは難しいというのが正直な話です。

遺伝やホルモンバランスなど、治療には医学的な知識が必要になってきますから、ドクターのいるクリニックや病院で治療を受けることになります。

育毛サロンで行っているのはあくまでも頭皮環境を整えるための施術であり、AGAに立ち向かうためには医師の治療が必要になってくるのです。

育毛サロンのアドバイスも大事

もちろん、薄毛が気になり始めたときはその原因を自分で特定することは不可能ですから、育毛サロンに立ち寄っても間違いではありません。

結果カウンセリングなどでAGAであると判断されれば、クリニックや病院に足を運べば良いだけです。

サロンに行くときは無料ヘアチェックなどを活用して、費用の出費を極力抑えるようにしましょう。

サロンによってはドクターがいる!

上記でAGAの根本的な解決は、育毛サロンには任せられないと書きましたが、実はドクターを置いている育毛サロンも存在します。

こういったサロンはまずカウンセリングを受け、薄毛の原因がAGAなのかそれ以外の要因なのか特定します。

専門的な治療を受けることが可能

スタッフではなく、正真正銘のドクターが自ら頭皮の診察を行い、最も適した治療法、育毛法を提案してくれるのです。

AGAであると判断されれば、クリニックや病院で処方されているものと同じ内服薬や外用薬を処方されます。

AGAの治療を行っていない育毛サロンであれば、こういった専用の薬剤というのは処方することができません。

育毛サロンに行ってみようかなと考えている方は、ぜひドクターを置いているサロンに足を運んでみてください。

早ければその日からAGA治療を受けることも出来ますから、時間やお金を無駄にする心配がありません。

まとめ

育毛サロンでAGA治療を行っているところは、まだまだ少ないというのが現状です。

今では、インターネットで簡単にサロンの情報を得ることができますから、自分の気に入ったサロンにドクターがいるかどうかチェックしてみましょう。

出来ることが多いサロンというのは、それだけ広い視野で薄毛の原因を特定してくれます。


関連記事


ランキング