育毛サロンとAGAクリニックの違いとそれぞれのメリット

育毛サロンとは別に、AGAクリニックというものが存在します。
その名前からはどんなことを行っているのか想像しにくいですね。

インターネットやテレビCMなどでたびたび目にするこのAGAクリニックですが、育毛サロンとはどんな違いやメリットがあるのでしょうか。

ここでは、それぞれで行われているサービスや施術についてまとめ、両方のメリットを明らかにしていきます。

育毛サロンで出来ること

育毛サロンでは、老廃物除去や血行促進によって頭皮の環境を改善することです。

まずはカウンセリングを行い、薄毛の原因を探ってから施術が行われます。
シャンプーによる老廃物除去、マッサージによる血流促進、機器を使用した施術を行い、髪が育ちやすい頭皮環境を作っていきます。

その他にもスチームを使用した施術があったりと、人によって内容が変わるだけあってバリエーションは豊富です。

施術意外のサービスも充実している

育毛サロンはその名が示す通りエステのような雰囲気ですから、リラックスした気持ちでサービスを受けられるのも魅力です。

生活習慣やストレスについてもアドバイスを受けることができるため、体の内側から育毛体質になれると言えるでしょう。

様々な観点から、総合的に頭皮環境改善へ向けて働きかけることができるのが育毛サロンです。

AGAクリニックでできること

AGAクリニックのAGAとは、男性型脱毛症の事を指します。
そのため、AGAクリニックでは主にこの症状に対して治療を行い、発毛を促していきます。

育毛サロンとの違いは、医師がいるかいないかという点です。

次に、育毛サロンがヘアケアに重点を置いているのに対し、AGAクリニックでは発毛に重点を置いているという点でしょう。

自宅のケアだけではどうしても限界のあるAGA対策を、医師監修のもと治療できるというのは非常に心強く、効率的です。

もちろんカウンセリングも行われ、年齢や性別、生活習慣など様々な要素を考慮しながらの治療となりますので、安心です。
血液検査による遺伝子チェックまで行ってくれるので、より身を預けられるといえるでしょう。

医薬品を用いた治療が主に行われる

さて、そんなAGAクリニックでは一般的に、薬剤によるDHT(強力な男性ホルモン)阻害、血流促進といった治療が行われます。

処方される薬剤は主にプロペシアとミノキシジルで、前者はAGA治療薬、後者は血流促進によって発毛を促す効果を持っています。

これらの薬剤は副作用を持つことで知られていますが、医師が人に合わせて配合量を調整しているため、副作用のリスクが少なく安心です。

それぞれが持つメリットと注意点について

育毛サロンとAGAクリニック、その違いについては上でお話しした通りです。
しかし薄毛に悩む方にとってはどちらを選べば良いか迷ってしまうのもまた事実ですね。

育毛サロンでは薬剤の使用が少ない為、基本的に副作用の心配がありません。
また、担当のカウンセラーが親身になって話を聞いてくれる為、心に余裕をもって施術を受けることができるのも魅力ですね。

育毛サロンは発毛よりもヘアケア重視

ただし、育毛サロンはあくまでもヘアケアに重点を置いており、発毛を目的としてはいないということを覚えておきましょう。

AGAクリニックは医師が治療に当たってくれる為、市販の薬剤を使って自分で発毛を試みるより効率が良く確実です。

医師の判断による治療を受けられるということは、医学的な理論に基づいた治療法ということですから、より改善の確率が高まります。

まとめ

ヘアケアに特化した育毛サロンと、薬剤治療によって発毛を促すAGAクリニック、それぞれの特長は理解できたでしょうか。

どちらを選ぶにしろ、まずは自分がどんな症状なのかある程度自己チェックを行ってから判断するのが賢明と言えるでしょう。

それでも分からない場合は実際に無料体験などに足を運んでみて、施術やサービスを受けてみるというのも一つの手段です。

今ではインターネットから申し込みや受付を行っているサロン、クリニックもありますから、まずは一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。


関連記事


ランキング