親からの遺伝で薄毛が心配な人は早めに育毛サロンへ行くべき?

父親や祖父が薄毛になっていると、遺伝によって自分も薄毛になってしまうという話を聞いたことはありませんか?

自分も将来、薄毛になってしまうかもしれないと心配になりますよね。
では実際、親の薄毛は遺伝するのでしょうか。

また、親が薄毛である人は、早めに手を打つべきなのでしょうか。
ここでは、遺伝の仕組みと薄毛の予防法、それに合わせた育毛サロンの活用法などを紹介していきます。

遺伝で薄毛はあり得る?

まずハッキリさせておきたいのが、親の遺伝によって自分も将来薄毛になってしまうのかどうかということ。

結論から言ってしまえば、遺伝は存在します

しかし、薄毛そのものが遺伝するのではなく、あくまでもなりやすい体質になるというだけです。

近親者に薄毛の人がいれば自分も100パーセント薄毛を発症すると思っているのであればそれは間違いで、実際遺伝による薄毛の発症率は全体の25パーセントと、4分の1にしか満たないのです。

遺伝の可能性も考えて早めに対策を

ただ、近親者に薄毛の人が居ない人に比べて、薄毛を発症しやすいのも事実ですから、しっかりとした対策を行う必要があります。

原因としては、両親の生活習慣が劣悪で、その下で育ったがために劣悪な生活習慣が似てしまい、頭皮に影響を及ぼしているということの方が多いでしょう。

家族ともなれば食の好みが似ていたりしますし、脂っこいものを好む家系であれば摂取する頻度は上がります。

遺伝で薄毛を引き起こすメカニズム

では、どうして遺伝が薄毛を発症させるのでしょうか。
少し専門的で難しい話になりますが、しっかりと説明します。

薄毛の遺伝には、デンセイホルモン受容遺伝子とよばれるものが関係しています。
これは通称薄毛遺伝子とも呼ばれ、人間のX染色体上に存在しています。

人は、男性であればXY、女性であればXXなど、それぞれ別々の染色体を持っています。
男性の場合、このX染色体は母親から受け継ぐことになりますが、母親の持つX染色体も、もとは本人の両親から受け継がれたものです。

母方の祖父母から遺伝する可能性も

では母親が薄毛でなければ安心して良いのかと言えばそうではなありません。

母方の祖母や祖父が薄毛であれば、母を通じてX染色体上にデンセイホルモン受容遺伝子を引き継いでいる可能性があり、結果として自分も遺伝を受けている可能性が出てくるのです。

まだ研究段階で分かっていないことも多数ありますが、これから徐々に判明してくるでしょう。

気づいたら育毛サロンで早めの予防・対策!

では、自分が遺伝の影響を受けていて、薄毛を発症しやすい体質であることが分かったら、どうすれば良いのでしょうか。

上でも書いたように、もうだめだとあきらめて悲観する必要はありません。

早めに対策を始めることが肝心

むしろ、気付いたときこそしっかりと対策を行うべきなのです。
対策の基本は、頭皮の環境をしっかりと整えることです。

皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥、血行不良やフケ、かゆみなど、頭皮の環境が劣悪であればあるほど薄毛を発症する確率は高くなります。

しかし、自分で自分の頭皮環境を把握するのはほとんど不可能です。
そのため、育毛サロンなどを活用し、プロにしっかりとケアしてもらうことで、しっかりと予防を行うことが出来ます。

なにも遺伝だけが薄毛の原因ではありません。
他に要因があった場合でも、育毛サロンであれば逐一チェックし自分に合った施術を行ってくれます。

生え際の後退や頭頂部のボリュームが薄くなってきたと感じたら、まずは育毛サロンの無料ヘアチェックへ足を運んでみましょう。

まとめ

薄毛の遺伝については、まだ研究が追いついていない分野もあり、すべてが解明されているわけではありません。

ですが、薄毛に遺伝が関係しているということは確かですから、親族が薄毛かどうかをチェックしておいて損は無さそうです。

もし不安に感じたり、遺伝の影響を受けていることが分かったら、まずは育毛サロンの無料ヘアチェックを受けてみましょう。
自分では分からなかった頭皮の状態や、遺伝以外の薄毛の原因が特定できるかもしれません。


関連記事


ランキング