育毛サロンで受けられる光線療法に期待できる効果

育毛サロンの施術内容に、光線療法と呼ばれるものがあります。
シャンプーやマッサージは薄毛の改善に直結するためイメージしやすいですが、光線と聞くとなんとなくピンときませんよね。

そもそもどんな光線なのか、人体に害はないのか、実際にどんな効果が期待できるのか等、疑問は尽きません。
ここでは、そんな気になる光線療法について詳しく解説しますので、理解を深めていきましょう。

650ナノメートルの赤色光を照射

育毛サロンで用いられる光線は主に可視光線と呼ばれます。
あまり聞きなれない言葉ですが、要するに目で見ることの出来る光線です。

目に見えない光線としては、紫外線や赤外線などがあり、こちらは耳にした方も多いのではないでしょうか。

太陽光とは異なる特殊な光への期待

特定の波長を持つ光が生物に何かしらの良い影響を及ぼしているのではないかということは、以前より考えられていました。

具体的には、植物の光合成などが挙げられますね。
しかし、太陽光には人体にとって余計な光線が多分に含まれており、良い効果をもたらしてくれる光線と干渉しあってしまいます。

そのため、そのまま浴びてももちろん頭皮には何の影響ももたらしてくれません。

研究結果で判明した効果的な光

そこで研究の末たどり着いたのが、650ナノメートルを中心波長とした赤色光です。
この光線は人工的に作られたもので、余計な光線を除去し、人体にとって有益な効果をもたらしてくれる部分のみを残したものになっています。

これを頭皮に照射することで、育毛、発毛が期待できるのです。

一般的には、ナローバンドLEDなどの名称で知られており、育毛サロン意外にも様々な医療機関で用いられているため、信頼できる療法と言えるでしょう。

可視光線が頭皮にもたらす嬉しい効果の数々

さて、そんな可視光線療法ですが、頭皮にはどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

ビタミンD3の生成

まず最初に挙げられるのが、ビタミンD3の生成効果です。
ビタミンD3は、活動を止めてしまった毛母細胞を復活させる働きをもっています。

毛母細胞の働きが活発になれば、それだけ髪の毛が生えやすい頭皮環境になるということです。

血行促進

可視光線には血行を促進させ、毛母血管を拡張する効果も期待できます。
血管が拡張されればそれだけ血の巡りが良くなり、頭皮に酸素や栄養を届けやすくなります。

育毛環境を整える様々な効果

他にも免疫機能を正常化する働きもあり、これは円形脱毛症にたいして特に有効であると言われています。
あまりイメージが湧きませんが、自律神経を安定させる効果もあり、ストレス軽減や安眠などにも効果をもたらしてくれます。

同時にホルモンバランスを整える働きも持つため、男性型脱毛症にも効果が期待できそうです。
光を当てるだけでこれだけの効果が得られるとは、まさに驚きですね。

赤色光は安心、安全

いかに育毛、発毛に効果をもたらしてくれると言っても、いわばレーザーのようなものを直に頭皮に照射するのはなんだか怖いといった方も多いのではないでしょうか。

レーザー脱毛などは痛いと聞きますが、育毛サロンで用いられる赤色光はどうでしょう。

結論から言えば、育毛サロンで用いられる赤色光はレーザーと違ってエネルギー量が小さく熱をあまり発しないため、火傷や痛みといった症状はありません。

また、育毛サロンでは育毛剤などを使用しますが、これらと併用しても副作用が発生しないため、極めて高い安全性が確保されていると言えるでしょう。

まとめ

少し難しい用語も出てきましたが、可視光線療法については理解できましたでしょうか。
この分野はまだまだ研究が続けられており、将来的にはより安全でより効果の高い治療法になることが期待されています。

とはいえ今も多くの医療現場やクリニックで採用されている方法ですから、安心して身を任せることができそうです。
こういった最新鋭の施術を行ってくれるのも、育毛サロンの大きな魅力の一つといえますね。

今ではほとんどのサロンでこの可視光線療法を採用していますから、気になる方はまずインターネットなどから問い合わせてみてはいかがでしょうか。


関連記事


ランキング