頭皮へのダメージもコントロールできる!男性用アミノ酸系シャンプーの特徴

今とても需要が高いといわれるシャンプーの中に、アミノ酸系シャンプーがあります。
すでにお使いの方もおられると思いますが、今回はこのシャンプーについて紹介します。

アミノ酸系シャンプーはなぜ需要が高いのか、どんな特長を持っているのか。
これから詳しくレクチャーしていきますので、ぜひ最後まで目を通していかれてください。

そして次にシャンプーを買うときの参考になさってください。

皮膚の弱い方でも安心して使えるアミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは何か、その特長は極めてシンプルです。
一言でいえば、皮膚の弱い方でも安心して使用できるシャンプーだということです。

アミノ酸系の界面活性剤が特徴

どうしてそう言えるかというと、それは配合されている洗浄成分にあります。

実はアミノ酸系シャンプーの洗浄成分は石油由来ではなく、アミノ酸系の界面活性剤が使われているのです。

これはどういうことかというと、洗浄力が弱くて頭皮への刺激が少なくすむということです。

そして頭皮への刺激が少ないということは、頭皮トラブルを起こしくいということになります。

こういう意味で、アミノ酸系シャンプーは皮膚の弱い方でも安心して使えるシャンプーです。

石鹸シャンプーよりも優しい

低刺激といえば石鹸シャンプーを思い浮かべるかもしれませんが、アミノ酸系はそれを上回ります。

つまり、アミノ酸シャンプーで使用されている界面活性剤は、石鹸の界面活性剤よりも刺激が少ないということです。

アミノ酸系シャンプーの嬉しいメリット

概要は大体お分かりになったと思いますが、今度はアミノ酸シャンプーの際立つメリットをご紹介します。

育毛促進効果が期待できる

それは、このシャンプーを使うことで育毛促進が期待できるということです。
なぜなら、アミノ酸シャンプーに含まれるアミノ酸が、頭髪を保湿してくれるからです。

そしてそれによって髪のパサつきをなくし、潤いで満たし、頭皮環境を整えてくれるのです。

この結果として頭皮の血流がよくなり、毛髪の成長に必要な酸素と栄養が行き届くというわけです。

頭皮環境改善に保湿は必要不可欠

髪を保湿するというたったそれだけの作業ですが、育毛的には大きなメリットをもたらしてくれます。
元気な髪を育てる第一歩は傷んだ髪を補修することですが、そのためには髪を保湿してケアしなければなりません。

その役割を担ってくれるのが、アミノ酸系シャンプーというわけです。

低刺激だから肌が弱くても使える、そして育毛促進も期待できるということで、近年、アミノ酸シャンプーに対する需要は高まっています。

脂性肌の人がアミノ酸シャンプーを使うときは注意が必要

ご覧のようにアミノ酸系シャンプーはメリットがたくさんありますが、一方でデメリットもあります。
それは、脂性肌の方には向いていないということです。

脂性肌には洗浄力が弱すぎる可能性も

なぜ向いてないかというと、アミノ酸シャンプーは高級シャンプーに比べて洗浄力が弱いからです。
洗浄力が弱いということは、頭皮に付着した脂を十分に洗い落とせない可能性があるということです。

脂性肌の人は普通の人より頭皮の脂が多いので、これでは困るわけです。
通常の場合でさえそうですが、さらに整髪量などをつけているときは、余計に落とすのが難しくなります。

そのため脂性肌の人がアミノ酸シャンプーを使うときは、使い方を注意しなければなりません。
例えば、すすぎを十分に行うようにしたり、それでも落ちない場合は二度洗いする必要があります。

加えて、価格が比較的高めなのもアミノ酸シャンプーのデメリットです。

まとめ

アミノ酸シャンプーは、アミノ酸系の界面活性剤が使用されたシャンプーのことです。
その特長は、洗浄力が弱くて頭皮への刺激が少ないということです。

このため、アトピーやアレルギーに悩む方でも安心して使用できます。
一方、傷んだ髪を保湿ケアする作用もあるため、育毛促進効果を期待することもできます。

特にヘアカラーで傷んだ髪を補修したいときは、アミノ酸シャンプーを使うことをおすすめします。
デメリットは、洗浄力が弱いため十分に汚れや脂を落とせない可能性があることです。

このため、脂性肌の方がアミノ酸シャンプーで洗髪するときは十分にすすぎを行うなど、使い方を工夫しなければなりません。


関連記事


ランキング