育毛に対策におすすめ!オーガニックのシャンプーの選び方

オーガニックのシャンプーといえば、とてもイメージが良く髪にいいという印象があります。
これからヘアケアに使いたいと思ってる方もおられることでしょう。

一方、オーガニックシャンプーの選び方についてはどうでしょうか。
どれを選んでも同じなのか、あるいは何か違いがあるのか、こうした点も気になるところです。

そこで今回は、育毛に使えるオーガニックシャンプーを選ぶときのポイントを調べてみました。

オーガニックと書いてあれば全て安心できるわけじゃない

商品タイトルだけを見て購入を決めるという人もいますが、これはいいことではありません。

大切なことは内容を注意深くチェックすることです。

オーガニックのシャンプーを選ぶときも、このような方法で行わなければなりません。

配合成分をしっかりチェック!

パッケージにオーガニックと書いてあるのを見て安心するのではなく、内容成分を確認してください。

具体的にどんなものが入ってるのか、それをチェックして初めて安心できるかどうかが判断できます。
ということは、オーガニックシャンプーでも注意すべき成分があるのかということになりますが、その通りです。

場合によっては避けるべき成分も含まれる

オーガニックシャンプーと一口に言っても、成分によっていろいろな種類があると思ってください。
安全な成分だけで構成された商品もあれば、悪い成分が含まれた商品もあります。

それではこれから、ぜひこれだけは避けてほしいという成分について紹介していきます。

頭皮に必要な油分まで落としてしまう石油系界面活性剤

シャンプーに含まれる洗浄剤の中には、非常に強い洗浄力を持つものがあります。
それは、石油系界面活性剤と呼ばれるものです。

石油系界面活性剤のメリット・デメリット

これはシャンプーで使われる洗浄剤としてはメジャーなのですが、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては強い洗浄力があるため、髪の汚れが落としやすいことです。
一方、デメリットは、頭皮に必要な油分まで落としてしまう可能性があることです。

ヘアケアでは避けるべき成分

このように長所と短所があるわけですが、ヘアケアという観点から見るとぜひ避けたい成分です。

なぜなら、石油系界面活性剤が含まれたシャンプーを使い続けることで、髪を乾燥させてしまう恐れがあるからです。

そして髪が乾燥すれば、潤いがなくなり、抜け毛が増えたり髪がきしむ原因を作ってしまいます。

そういうわけでオーガニックシャンプーを選ぶときは、石油系海面活性剤が含まれたものをなるべく避けるようにしてください。

成分が腐るのを防いでくれる防腐剤

オーガニックシャンプーの中には、保存性を高めるために防腐剤を配合しているものもあります。
防腐剤は成分が腐るのを防いでくれる重要な成分ですが、しかし、これもやはり避けたい成分です。

少量でもダメージを与える可能性がある

なぜなら、防腐剤は配合成分にとってはいい働きをしますが、人間の頭皮にとっては刺激が強い成分だからです。

少量なら大丈夫と考えるかもしれませんが、ヘアケアの観点からいえばわずかでも入ってないことが理想的です。

天然成分でも防腐剤代わりになる成分がある

それなら使用期限が短くなって困るという方には、天然成分入りのオーガニックシャンプーをおすすめします。

実は、天然成分の中に防腐剤の代わりができるものがあります
そういうものが含まれたオーガニックシャンプーを使えば、使用期限の問題は気にする必要がなくなります。

いずれにしても、ヘアケア目的でオーガニックシャンプーを選ぶときは、防腐剤が入ったものを避けるようにしましょう。

まとめ

オーガニックのシャンプーはどれも同じというわけではありません。
内容成分によってヘルシーなものと、そうでないものがあるので、それを見分けて選びましょう。

選ぶときのポイントは、絶対に避けたい成分が入ってるかどうかを見ることです。
オーガニックシャンプーを選ぶときに避けたい成分は、石油系界面活性剤と防腐剤です。

界面活性剤は洗浄力が強いのが特徴ですが、頭皮に必要な皮脂まで取り去ってしまう可能性があります。
また防腐剤も人間の頭皮には刺激が強いので、なるべく避けるようにしてください。


関連記事


ランキング