男性用の育毛シャンプーと市販シャンプーの違いと期待できる効果

シャンプーには大きく分けて、二種類があるということを覚えておいてください。
それはすなわち、市販シャンプーと育毛用シャンプーです。

この二つの違いを知ることはとても重要ですが、ちゃんと理解しているでしょうか。
これからそれを説明していきますので、ぜひ勉強してシャンプー選びの参考になさってください。

特に洗髪で髪を傷めたくないと思ってる方は、ここをよくチェックしておいてください。

市販シャンプーは汚れを落とすのが目的

スーパーやドラッグストアにはたくさんのシャンプーが販売されていますが、そのほとんどが市販シャンプーです。

その特徴はどのようなものかというと、一言でいえば、髪と頭皮の汚れを落とすためのシャンプーだということです。

それなら普通じゃないかと思われるかもしれませんが、ここに大きなポイントがあります。
どういうことかというと、市販シャンプーは基本的に髪の汚れを落とす以外の目的を持ってないということです。

髪の毛や頭皮をいたわる成分は少ない

例えば、頭髪を活性化して育てるような成分を配合して、育毛するという役割を持っていないのです。
どこまでも徹頭徹尾、汚れを落とすことが市販シャンプーの主たる目的です。

また、汚れを落とすのが目的であることから、洗浄力が強めであることも市販シャンプーの特徴です。

したがって、市販シャンプーを使い続ければ頭皮を痛めてしまう可能性もあります。

では一方、育毛シャンプーの特徴はどのようなものでしょうか。

育毛シャンプーの役割は洗浄と育毛

市販シャンプーの目的は汚れを落とすことだと言いましたが、育毛シャンプーはこれをさらに進化させたものです。

つまり、頭髪の汚れを落とし、なおかつ育毛効果を促進させるシャンプーだということです。

育毛促進に効果的とされる成分を配合し、それによって頭髪をさせようというのです。
こうした役割も兼ね備えているのが、育毛シャンプーということになります。

これを使うことによって、その日の汚れを洗い落とすだけでなく、髪の成長を促す栄養を与えることができるのです。

頭皮や髪の毛に余計な負担を与えない

ここでさらに考えてほしいのは、次の点です。
髪にいい成分が含まれているということは、頭皮にダメージを与えるような成分は入ってないということです。

これは当然のことではありますが、育毛シャンプーは洗浄と育毛が目的なので、刺激の強い成分で頭皮を傷めることはありません。

市販シャンプーと育毛シャンプーの違いは明らか

二つの異なったシャンプーについてそれぞれの特徴を見てきましたが、違いがお分かりになったでしょうか。
それは、

  • 洗浄だけが目的か
  • 洗浄と育毛を目的にしているか

という点です。

市販シャンプーの役割は髪の汚れを洗浄すること、一方、育毛シャンプーの役割は洗浄と育毛の二つです。

配合成分の違いは歴然

このように役割の違う二つですから、当然ながら中に含まれている成分にも違いがあります。

洗浄が主な目的の市販シャンプーには刺激の強い成分が入っています。
一方、育毛の目的も兼ねる育毛シャンプーには、刺激の強い成分は基本的に含まれていません。

目的を見極めてしっかり選ぶべき

二つのシャンプーの違いは、それぞれの特徴と役割を比較すれば明らかです。

これから製品を選ぶときは、ぜひこうした違いを参考にお選びになってください。

繰り返しますが、洗浄だけなら市販シャンプーを、洗浄と育毛を兼ねるなら育毛シャンプーです。

まとめ

市販シャンプーの際立った特徴は、髪の汚れを洗浄することに特化していることです。
一方、育毛シャンプーは洗浄だけでなく、髪に栄養を与えケアすることも目的にしています。

こうして目的の違いから、二つのシャンプーは成分内容も異なっています。
市販シャンプーには刺激の強い成分も配合されていますが、育毛シャンプーにはダメージ成分は入っていません。

こうした違いを覚えて知っておけば、自分の目的に合ったシャンプーを購入することができます。

洗浄だけをを目的にするなら市販用を、育毛促進もしたいなら育毛用ということです。


関連記事


ランキング