男性用育毛シャンプーを選ぶ時にチェックしたい界面活性剤

育毛用シャンプーを選ぶとき、何に注目すればいいのでしょうか。
その答えはずばり、界面活性剤です。

界面活性剤はシャンプーの洗浄成分となる重要なものですが、種類によって性質が異なっています。
そして育毛シャンプーを買う人は、その性質の違いに着目する必要があります。

その点についてこれから順番に説明していきますので、ぜひ最後までご覧になってください。

界面活性剤には複数の種類がある

育毛用シャンプー選びで界面活性剤をチェックするときは、まず次のことを認識してください。
それは、界面活性剤には複数の種類があるということです。

一種類しかないと思っていた方もおられるかもしれませんが、それは違います。
界面活性剤にはなんと、全部で6つの種類があるのです。

界面活性剤の素材はそれぞれ異なる

ここで抑えておくべきポイントは、それぞれの種類によって素材が異なるということです。

そして素材が異なれば、頭皮に与える影響も違ってきます。
育毛用シャンプーをこれから選ぶ方は、これを認識したうえで界面活性剤のチェックを行ってください。

一つは、界面活性剤に6つの種類があるということです。

もう一つは、それぞれの種類ごとに成分が異なっているということです。

それでは今度は、界面活性剤の特徴について種類別に見ていくことにしましょう。

頭皮に負担があるのは石油由来の界面活性剤

界面活性剤には6つの種類があるといいましたが、その6つとは次のようなものです。
すなわち、

  • 石油系
  • 高級アルコール系
  • アミノ酸系
  • 脂肪酸エステル系
  • 石鹸系
  • 天然物

です。

これらの成分は二つに大別することができ、石油由来と天然由来に分かれます。

石油由来の界面活性剤は頭皮に負担を与える

まず石油由来に含まれるのは、石油系と高級アルコール系です。
一方、天然由来は、アミノ酸系と脂肪酸エステル、石鹸系と天然物です。

さてこうした状況の中で、何をどのようにチェックすればいいかということですが、ポイントは一つです。

それは、石油由来の界面活性剤がどれかを見ることです。

そしてその成分が入ってるシャンプーは、選ばないようにすることです。

なぜなら、石油由来の界面活性剤は洗浄力が強く、頭皮に過度な負担を与える可能性が高いからです。

育毛シャンプーを選ぶときは、ぜひこのことを覚えておいてください。

天然由来のアミノ酸系界面活性剤がおすすめ

頭皮に負担が少ないのがアミノ酸系などの天然由来で、頭皮にダメージを与えやすいのが石油由来だということです。

これだけ知っておくだけでも、かなり有意義な育毛シャンプー選びができます。

天然由来の界面活性剤ならアミノ酸系が有力

界面活性剤のうち石油由来は危険だということが分かりましたが、では天然由来はどうでしょうか。
結論からいえば、天然由来の中にも育毛に関して優劣があります。

そして4つの成分の中で最も育毛に適しているのは、アミノ酸系です。

頭皮に負担を与えずいたわる役割もある

理由は、アミノ酸系は刺激性がとても弱く、毛髪や頭皮に対するケア機能も持っているからです。

低刺激でダメージを抑えるだけでなく、なんと頭髪を保護してくれるのです。
これはまさに石油由来とは正反対の性質ですが、これを育毛で使わない手はありません。

育毛シャンプーの中にもアミノ酸を使った商品がありますので、髪をヘルシーにケアしたい方はこういうシャンプーを選びましょう。

アミノ酸系界面活性剤のデメリット

一方、アミノ酸系のデメリットについても覚えておいてください。
それは、アミノ酸系活性剤は製造にかかるコストや手間が多いということです。

そのため、商品価格は市販シャンプーよりも割高になってしまいます。

まとめ

界面活性剤は一種類ではなく、全部で6つの種類があります。
さらにそれぞれの界面活性剤は、石油由来と天然由来の二つに分けることができます。

このうち育毛シャンプー選びで避けたいのは、石油由来のほうです。
一方、天然由来は低刺激で髪に優しいものが多いので、育毛シャンプーはこちらの中から選んでください。

特にアミノ酸系は天然由来の中でも育毛に適しており、ヘアケアのための界面活性剤としては有力です。
ただし製造に時間がかかり、生産量も少ないため、値段は高くなります。


関連記事


ランキング