男性の育毛対策でシャンプーのしすぎはNG!育毛に逆効果な洗い方と注意点

一口にシャンプーの仕方といっても、いろいろな方法があります。
そのうち今回は、育毛に逆効果となる洗い方について紹介していきます。

髪を適切にケアするためにはどんな方法がふさわしいのか。
そのことを浮き彫りにするため、NGの洗い方から見ていきたいと思います。

シャンプーを使った洗髪の仕方に無頓着な方もおられますが、そういう方はぜひここを見ておいてください。

繰り返し何度もシャンプーを行うのはNG

頭髪が汚れていると、それを洗い落としたくなるのは自然なことです。
しかし、一日に何度もシャンプーを繰り返し行うのは良くありません。

頭皮に余計な負担を与えかねない

なぜ良くないかというと、何度も洗うことで頭皮に余分な負担をかけてしまうからです。
特に洗浄力が強いシャンプーの場合、その負担は余計に大きくなってしまいます。

頭皮環境改善には適度な皮脂を残す必要がある

そのメカニズムはなにかというと、洗浄成分が皮脂を根こそぎ洗い落としてしまうことにあります。

人間の頭皮には不要な皮脂と必要な皮脂があり、不要な皮脂を落とすのはいいのですが、必要な皮脂は残しておかなければなりません

なぜなら、それによって頭皮に潤いを保たせ乾燥するのを防ぐことができるからです。
にも関わらずシャンプーを繰り返し行えば、必要な皮脂が失われてしまい、頭皮環境が悪化します。

よって、繰り返し何度もシャンプーを行うのは絶対にNGです。

どうしても汚れが気になる場合は、シャンプーを使わずに洗浄を行ってください

髪を洗うとき力を入れすぎてはならない

シャンプーで髪を洗うとき、頑固な汚れを落とすためにゴシゴシ力を入れる人もいます。
これは一見自然なことのように思えますが、実はこれもNGな洗い方です。

強い刺激を与えすぎるのも良くない

その理由は、力を入れすぎることによって頭皮に過度な刺激を与えてしまうからです。

過度な刺激を与えると、かゆみが発生したり血行が悪くなったり、トラブルを引き起こしてしまいます。
さらにそうしたトラブルを招くことで、髪の状態を悪化させてしまう可能性もあります。

よって、シャンプーで髪を洗うときは、力を入れすぎないようにしましょう。

頭皮に優しい洗い方

指先で円を描きながらマッサージをするように、優しく丁寧に洗ってください。

間違っても、爪を立ててガリガリ洗ってはなりません。

そんなことをすれば、頭皮に刺激を与えるどころか、皮膚を傷つけて炎症を起こしてしまう可能性があります。

スピーディーな洗髪は鮮やかだけどNG

人によってはいつも時間がなくて、シャンプーもさっさと済ませてしまう人もいます。
実はこれも、髪の健康のためには避けてほしい洗い方の一つです。

なぜなら、シャンプーを早く行うことには重大なデメリットがあるからです。

シャンプーのすすぎ残しは頭皮トラブルの原因に

それはなにかというと、液剤のすすぎ残しが生じてしまう可能性があるということです。
これは育毛を行ううえでは、絶対にNGとされるべきことです。

なぜなら液剤が頭皮に残ることによって、後で頭皮トラブルが起きるかもしれないからです。

特にすすぎ残しの成分が毛穴に詰まったときは、注意しなければなりません。

この場合は炎症だけでなく、抜け毛を増やしてしまう恐れがあります。
いずれにしても髪の健康のため、スピーディーなー洗髪は避けるようにしてください。

シャンプーするときは液剤や成分が頭皮に残らないよう、十分なすすぎを行ってください。

まとめ

シャンプーするときは、育毛に逆効果となる洗い方をしないよう注意してください。
例えば、汚れを完全に落とそうとして、一日に何度も繰り返しシャンプーを行うのはNGです。

汚れを落とすのはいいことですが、シャンプーを短期間で頻繁に行えば、頭皮にダメージを与えてしまいます。
頭皮へのダメージという点では、力を入れて洗うのも御法度です。

汚れを除き去るために力が入るのは分かりますが、力を入れすぎると炎症を起こしたり血行を悪くする恐れがあります。

一方、時間がないからシャンプーを早く終わらせるのも禁物です。
その理由は、急いで洗うことによってすすぎが不十分となり、シャンプーの成分を頭皮に残ってしまうからです。


関連記事


ランキング