育毛用のサプリメントと育毛薬との成分や役割の違い

薄毛や抜け毛を治す方法として、育毛用サプリメントや育毛薬を使う方もおられるでしょう。
しかし、両者の違いを理解せずに使ってる方もおられるかもしれません。

あるいは、どちらも同じものだと勘違いしてる方もいるかもしれません。
そういう方はぜひ以下の記事をお読みになってください。

今回は育毛サプリと育毛薬について、両者がどう違うのかについて詳しく調査しました。

育毛用のサプリメントと育毛薬は別物

何らかの商品を使って薄毛の改善を行うときは、一つ注意しなければならないことがあります。

それは、薄毛改善の対策方法として、育毛用サプリメントと育毛薬があるということです。

この二つは同じものだと思ってる方もおられるかもしれませんが、両者はまったく別物です。
何がどう違うかについては以下の項目で順次説明しますが、まずはこの点をしっかり覚えておいてください。

両者の違いを見極めて活用しましょう

育毛用のサプリメントと育毛薬は、その内容や効果においてまったく別の役割を担っています。
薄毛改善を行いたい方はこのことに注意しながら、商品選びを行う必要があります。

それではまず、両者の成分における違いについて解説しましょう。
そしてその後で、役割の違いについて説明したいと思います。

商品を使って薄毛を改善したいと思ってる方は、ぜひ注意深くご覧になってください。

内容成分という点で大きな違いがある

育毛用のサプリメントと育毛薬では、内容成分に大きな違いがあります。

どう違うかというと、育毛サプリメントには医薬品に指定されていない成分しか入っていないのに対し、育毛薬には医薬品に指定された成分が入っているということです。

簡単にいえば、薬か薬じゃないかの違いがあるということです。

副作用のリスクや飲めない人も

育毛サプリメントは普通の食品と変わらない天然の成分で構成されていますので、それを飲むことで極端な健康被害や副作用を起こすようなことはありません

一方、育毛薬の中には医薬品が入っているので、体質的に合わない人が飲めば副作用を起こす可能性があります。

また、育毛薬の場合は最初から飲むことを禁止されてしまう人もいます。
しかし、育毛用サプリメントの場合は健康食品と同じなので、飲んではいけない人、あるいはドクターストップがかかってしまうような人はいません。

このように育毛用のサプリメントと育毛薬では、内容成分に大きな違いがあります。

効果の現れ方でも両者は異なる

次に両者の効果における役割の違いについて説明します。
育毛用のサプリメントと育毛薬では、効果の現れ方に決定的な違いがあります。

まず、育毛薬についてですが、こちらはれっきとした医薬品なので、薄毛や抜け毛の原因に直接影響を与えることを目的に作られています。

したがって育毛薬は育毛サプリに比べて、直接的な効果または早い効果を期待することができます。

一方、育毛サプリメントは医薬品ではなく、頭皮の健康に資する栄養素を取り込みながら少しずつ改善を図るという健康食品なので、薄毛や抜け毛に対して直接働きかけたり早く治すことはできません

病気の時を考えるとわかりやすい

これについては、一般的な病気を思い浮かべてみるといいでしょう。
例えば、風邪を治すとき、病院の薬を飲めばすぐに治りますが、風邪にいい健康食品を摂ったからといって瞬時に治すことはできません。

育毛用のサプリメントと育毛薬の場合も、それと同じような違いがあります。

まとめ

育毛サプリと育毛薬は同じものではないので、その違いをよく理解しておきましょう。
両者の違うところは、成分内容と効果の現れ方です。

育毛サプリには医薬品の成分は配合されていませんが、育毛薬には医薬品の成分が入っています。

また効果の現れ方においては、育毛サプリが体質改善しながら少しずつ改善していくのに対して、育毛薬は薄毛の原因に直接働きかけて、スピーディーに効果を得ることを期待することができます。

このように、内容と効果において違いがあることを認識しておきましょう。


関連記事


ランキング